カナダのオンタリオ州在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

★ブログの背景、プロフィールはこちら:以後、お見知りおきを…


ブログ記事は実際の出来事をもとに誇張や脚色を加えたフィクションです。とっぷり、ガッツリ、実在の企業名が出ている事もありますが、あくまで実在する人物や団体とは関係ありません。


この記事は続きものとなっております。

 

サイン会で号泣とか、イベントの為だけにLA(ロサンゼルス)からトロントに来るとか、凄くないですか? 

熱量、高いッ! 

 

日本語と英語の浅野いにお氏の本を全部持っている人もいました。

日本語は勉強中みたいですが、スラスラ読めるレベルではないのに、 日本語の本、買っちゃうんだ?!的な。 

財力あるなあ。←そこかいッ! 

 

知人のカナダ人も娘さんが東京喰種トーキョーグール(石田スイさんの漫画)のファンだから、夏は東京に行くと言っていましたし。 「夏はやめた方がいいんじゃあ?」と助言はしたものの、娘さんが高校生なので夏休みじゃないとバケーションの時間を捻出できないらしく。 日本の漫画のファンだから日本に行く人って、多い気が。

 

漫画の威力とその影響に、驚愕しました。 

それを考えると、自分が漫画に費やしている額面はまだまだ可愛い!(はず) 

英語版、高いよ!

 

 

『おざなり君』は浅野いにお氏の漫画作品のひとつ。

英語版は出ていないのですが、必死で日本語版を読むカナダ人ファン!偉いな! 

でも、おざなり君で日本語を学んだら、それはそれで問題ある気がします。 

英語表記はOzanari-kunなのかな?オズェネリクン…。わかった自分を褒めてあげたい。

 

サイン会もスタッフの人が英語の名前を訊いてカタカナに書き起こしたり(なのでサインはカタカナの名前でいれてもらえる)、ファンサービスに溢れていました。

浅野いにおさんのプレゼン能力とコミュニケーション能力、すごかったです。

通訳挟んでいるのに、笑いもドカンドカン来てました。

ファンの人の笑顔も凄かったです。キラキラしてました。男女比は半々くらい?

年齢層も見事にバラバラでした。とにかくすごい人気でした。

 

漫画の持つパワーと影響範囲、凄いッ!

漫画か商売として継続して行くために、海賊版の問題云々もそうなんですが、第三者ではなく、漫画の作者にお金がまわるシステムが安定して存在していて欲しいです。

 

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

→  人気ブログランキングへ

→ にほんブログ村

 

Instagram始めました。

 drippingofpoison

----------------------------------

書籍が約169日前に発売されました!4コマ本とは思えない文字量の多さでございます。

書き下ろしもガッツリいれました。

海外で起こりえるトラブル、英語の勘違いなども描きました。

ワーホリや留学、海外駐在、海外移住、旅行でカナダに行かれる方にもオススメの一品でございます。

買ってあげてもよくてよ?と思ってくださる優しい方、Amazonや楽天でポチるか地元の本屋さんでお取り寄せをしてください。 ぶっちゃけ、小さい本屋には置いてもらえないと思うので!

レビューを書いて頂けるとさらに喜びます。

よろしくお願いいたします。

 

紙書籍版:

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

毒の滴 [ m ] 毒の滴 [ m ]
1,296円
楽天

 

デジタル書籍(Kindle)版:

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

 


ブログへのご訪問、いいね!、読者登録等々、ありがとうございます!