カナダのオンタリオ州在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

★ブログの背景、プロフィールはこちら:以後、お見知りおきを…


ブログ記事は実際の出来事をもとに誇張や脚色を加えたフィクションです。とっぷり、ガッツリ、実在の企業名が出ている事もありますが、あくまで実在する人物や団体とは関係ありません。


 

今日の記事は続きものとなっております。

 

 

自分の体調がそれほどよくなかったこともあるのかと思いますが、美術館内の煩さで頭痛がしました。 

とにかく喋り声の大きさがひどいのです。 

普段、美術館に行かないような人も集まっているせいか、うるさい、うるさい。 

そしてその煩さに負けないようにさらに声を張り上げるのです。 

それが天井の高い美術館にエコーしてさらにうるさい。 

締め切った空間で起きるので、辛かったです。 

そして人が多いせいか、空気が薄い! 外の空気を吸いに出るとかできないし、静かに休める場所がないので(ベンチはいくつかあるのですがそこでも延々とお喋りが繰り広げられている) 疲れていたこともあってか、頭痛がひどくて、困りました。 

しかも待っている間はずっと立っているので、かなりきつかったです。

 

こういう煩さ、世界的に有名美術館ではよく起こると思うのですが(団体客が多いですし)、カナダではここまでうるさい美術館の状態を体験したことがなかったので衝撃でした。有名美術館の場合は、観光客が少ない時間帯を選べばまだマシなのですが、この展示は時間指定制にも関わらずチケットはソールドアウトなので、混雑しない時間が存在しないのです。

団体客がそもそも存在していないので、それをやり過ごせば静かになるということもなく。

なのでずっとうるさかったです。

よって頭痛がずっとしていました。

 

AGOはArt Gallery of Ontarioの略。

アゴーと呼ぶ人もいれば、アゴ、エージーオーという人もいます。

これも水玉が施されていました。

 

美術館のウィンドーも水玉。

展示開催中は街には水玉のバス停や、水玉のストリートカーなども走っていました。

 

美術館の5階から4階に降りる階段の窓も水玉。

 

窓に水玉が貼られているので、街の風景に水玉が浮いて見えます。

 

エロい…。

 

近づいてみたらもっとエロかったです。

 

Inifinity Mirrored Room - The Souls of Millions of Light Years Away

幻想的でした。

 

Inifinity Mirroed Room - All the Eternal Love I Have For the Pumpkinsは写真撮影ができませんが、かぼちゃが並んでいて、鏡のため、床も天井も壁もかぼちゃという面白い空間です。かぼちゃの部屋は、一度に2人しか入れず(係りの人をいれて3人)、鑑賞時間は20秒。

これがすごく面白かったです。

↓かぼちゃの部屋の列にならんでいた時の壁。目がぐるぐるします。

 

展示作品に癒されつつ、頭痛をコントロール。頭痛薬は飲んだのですが、ほとんど効果なし。

絶えず一定量の不快音にさらされ、閉鎖空間でそれをやり過ごすのは案外難しかったです。

こういう展示に挑む時は睡眠をたっぷり取って、前日から備えたほうがいいな、と思いました。

美術を見るのにも体力と体調が大事だなあ、と。

 

加えてさらに私を困らせる要因が存在したのです…。 

 

続く。

 

トロント在住の方へ

チケットはソールドアウトしていますが、当日チケットが若干数でているようです。ラッシュラインに並べばチケットを取れるチャンスはまだあります。ただし、時間指定がありますので、時間の融通がきかないと難しいかもしれません。

5月18、19、20、24、25、26日は夜の12時まで開催時間を延長(入場は夜10時まで)。

詳しくはこちら:https://ago.ca/exhibitions/kusama

 

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

→  人気ブログランキングへ

→ にほんブログ村

 

Instagram始めました。

 drippingofpoison

----------------------------------

毒の滴 Kindle版が発売開始されました。

 

書籍が約143日前に発売されました!4コマ本とは思えない文字量の多さでございます。

書き下ろしもガッツリいれました。

海外で起こりえるトラブル、英語の勘違いなども描きました。

ワーホリや留学、海外駐在、海外移住、旅行でカナダに行かれる方にもオススメの一品でございます。

買ってあげてもよくてよ?と思ってくださる優しい方、Amazonや楽天でポチるか地元の本屋さんでお取り寄せをしてください。 ぶっちゃけ、小さい本屋には置いてもらえないと思うので!

レビューを書いて頂けるとさらに喜びます。

よろしくお願いいたします。

 

紙書籍版:

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

毒の滴 [ m ] 毒の滴 [ m ]
1,296円
楽天

 

デジタル書籍(Kindle)版:

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

 


ブログへのご訪問、いいね!、読者登録等々、ありがとうございます!