カナダのオンタリオ州在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

★ブログの背景、プロフィールはこちら:以後、お見知りおきを…


ブログ記事は実際の出来事をもとに誇張や脚色を加えたフィクションです。とっぷり、ガッツリ、実在の企業名が出ている事もありますが、あくまで実在する人物や団体とは関係ありません。


 

 

口呼吸する人、口をぽかーんと開ける人はアジア人が圧倒的に多い気がします。 

特に日本人、韓国人、中国人は多いかも。 

何故、欧米の人には口を開けている人が少ないのかというと、おそらく、口角を上げないと発音出来ない音が使用言語にあるからのように思います。 なので、口の周囲の筋肉が発達していて、口がぽかーんと開いてしまうことが少ないのではないかと。 

日本語は口角を上げたり、横に広げなくても殆どの音は口の小さい動きで発音出来るので。 よって、口の周囲の筋肉が殆どなく口元が緩みがちになり、これが、口を開けてしまう原因になるのではないかと。 

また、花粉症など鼻呼吸ができない時期が長いのも要因かなあ?と。 

 

日本にいる時は意識していなかったのですが、カナダでは、朝起きると、喉が痛い事が多く、自分は寝ている時に、口を開いているのかな?と。 そんな訳で喉の湿度を保つ為に鼻呼吸に変える事にしたのです。 そして思いついた方法がメディカルテープで口を閉じてしまう方法でした。 

 

寝る時にメディカルテープで鼻呼吸を心がけたら、起きているときも、鼻呼吸する様になりました。 

すると口角をあげやすいですし、乾燥を防げる為、風邪をひきにくい! 

そして口をぽかーんと開けてボーッとすることがなくなりました。 

風邪のときやアレルギーのときなど鼻水で鼻呼吸出来ないときはマスクをして寝ています。 ただ、鼻水が出ていても、鼻呼吸出来ない程のひどいものは、ごく稀になりました。 いびき防止にもなりますし、おススメです。 

 

しかし!ちゃんと自分にあったテープをお使い下さい。 

寝ている間にずっと貼っている訳ですから、かぶれやすい人はテープでかぶれます。 最初、メディカルテープがなくてセロハンテープで試してみたら、かゆいし、かぶれるし、皮膚は剥けるは、散々でした。 バンドエイドもかゆくなるし、臭いが気になって眠れませんでした。 粘着度がきつくなく、さらにかぶれないテープを探すのは意外に難しいのです。 私はゴムアレルギーとまではいかないのですが、ゴム成分が入っているとかゆく感じることが多いのでLatext freeのテープを使っています。 そんなこんなで鼻呼吸、おススメでございます。 

  • いびき防止したい方 
  • 風邪の予防をしたい方 
  • 口ポカーンを防止したい方 
  • 免疫力をあげたい方 

などにおススメです。 口を閉じてると唾液が口にある状態なので、病気にかかりにくい気がします。 

寝姿は口にテープを貼っている状態なので、「え?何つけてるん?!」と驚かれたりしますが。 

鼻炎がある時にやると呼吸困難になりそうになるので危険です。 自分の体調を見極めて行ってください。

 

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

→  人気ブログランキングへ

→ にほんブログ村

 

Instagram始めました。

 drippingofpoison

 

----------------------------------

vesenaz0213さんのブログで紹介されていた署名運動です。

もし宜しければ、署名、お願いします。

あくまで『日本人が外国籍を取得した場合』のケースです。

外国人が日本の国籍を取り、都合のいいように振る舞うことを後押しするものではありません。←ここ重要!

日本人が外国籍を取得した際、日本国籍を保持するか放棄するか選べるようにするため、私たちの運動を応援してください 

----------------------------------

書籍が約81日前に発売されました!4コマ本とは思えない文字量の多さでございます。書き下ろしもガッツリいれました。

海外で起こりえるトラブル、英語の勘違いなども描きました。

ワーホリや留学、海外駐在、海外移住、旅行でカナダに行かれる方にもオススメの一品でございます。

買ってあげてもよくてよ?と思ってくださる優しい方、Amazonや楽天でポチるか地元の本屋さんでお取り寄せをしてください。 ぶっちゃけ、小さい本屋には置いてもらえないと思うんで!キリっ!

レビューを描いて頂けるとさらに喜びます。ニヤリング。

よろしくお願いいたします。

 

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

毒の滴 [ m ] 毒の滴 [ m ]
1,296円
楽天

 


ブログへのご訪問、いいね!、読者登録等々、ありがとうございます!