カナダのオンタリオ州在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

★ブログの背景、プロフィールはこちら:以後、お見知りおきを…


ブログ記事は実際の出来事をもとに誇張や脚色を加えたフィクションです。とっぷり、ガッツリ、実在の企業名が出ている事もありますが、あくまで実在する人物や団体とは関係ありません。


 

 

化粧水は英語でTonerやLotionですが、化粧水を指すものと拭き取り液的なものがあるので、注意して下さい。 

拭き取り液的なものだとアルコールが入っている事があるので、アルコールに弱いタイプの人は肌が赤くなってヒリつくことも。 

 

乾燥肌なので、夏でも何もしないという選択肢は自分の中ではなかったのですが、極力、ステップを減らすことで 乾燥もマシになった気がします。 

 

日本だと、化粧水、美容液、乳液、クリーム、マッサージ、パック等、「ちゃんとお手入れしてないとあとが恐い!」みたいなことを言われた記憶があるのですが、 多分、お手入れレスの方が肌には負担がかからないんじゃないかと。 

日本では化粧水、乳液は必須みたいに言われていますが、カナダではそうではなかったですし。 

実際、やめてみて特に必要ない気がしました。 

特に化粧水はカナダ東部のように湿度の低いところだとつけてる側から干上がっていく感触があります。 

あ、コレ、ダメだ、的な。 

 

洗顔後、いきなり美容液とか、いきなりクリームとか、手入れステップが少ないほど、肌に負担のない感じです。 少なくとも自分の肌には。 

 

最初は、『ステップが少ない分、ちょっといいものを使おう!』と高い美容液なども使ってました。

今では、冬は、洗顔の後にニベアとBio oilを混ぜたものを塗っておしまいです。 真冬はメンタームのメディアカルクリームとか。 夏場だともっとライトなクリームか乳液っぽいものでおしまい。 

楽ですワ! ズボラーにピッタリ! そしてお値段も優しい!

結局、安上がりな女でした。

 

続きます。

 

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

→  人気ブログランキングへ

→ にほんブログ村

 

Instagram始めました。

 drippingofpoison

 

----------------------------------

vesenaz0213さんのブログで紹介されていた署名運動です。

もし宜しければ、署名、お願いします。

あくまで『日本人が外国籍を取得した場合』のケースです。

外国人が日本の国籍を取り、都合のいいように振る舞うことを後押しするものではありません。←ここ重要!

日本人が外国籍を取得した際、日本国籍を保持するか放棄するか選べるようにするため、私たちの運動を応援してください 

----------------------------------

書籍が約79日前に発売されました!4コマ本とは思えない文字量の多さでございます。書き下ろしもガッツリいれました。

海外で起こりえるトラブル、英語の勘違いなども描きました。

ワーホリや留学、海外駐在、海外移住、旅行でカナダに行かれる方にもオススメの一品でございます。

買ってあげてもよくてよ?と思ってくださる優しい方、Amazonや楽天でポチるか地元の本屋さんでお取り寄せをしてください。 ぶっちゃけ、小さい本屋には置いてもらえないと思うんで!キリっ!

レビューを描いて頂けるとさらに喜びます。ニヤリング。

よろしくお願いいたします。

 

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

毒の滴 [ m ] 毒の滴 [ m ]
1,296円
楽天

 


ブログへのご訪問、いいね!、読者登録等々、ありがとうございます!