書籍化作業沼4


カナダのオンタリオ州在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

★ブログの背景、プロフィールはこちら:以後、お見知りおきを…


ブログ記事は実際の出来事をもとに誇張や脚色を加えたフィクションです。とっぷり、ガッツリ、実在の企業名が出ている事もありますが、あくまで実在する人物や団体とは関係ありません。


この記事は続きものとなっております:

 

自転車通勤はしていても自転車だと歩かないので、引きこもりの数ヶ月で筋肉がガツンと衰えました。 

漫画家さんの中には5分歩いただけで息があがる人もいると聞いた事があったのですが、妙に納得しました。 

普段、定期的に運動しているほうなのですが、数ヶ月、食糧の買い出し以外には外出しない状態でひきこもっていたので、まさに家と仕事場の往復のみ。 筋肉の衰えに早さに驚きました。

そして仕事がPC作業で、帰宅後もまたPC作業というのが辛かったです。目がヒリヒリ。 

もっと時間配分をうまくすることで身体への負担は軽減出来ると思うのですが。

 

ちなみに編集者さんには最初に予定の説明をして頂き、承諾したのは自分なので、無理強いの強行スケジュールとかだった訳ではありません。

 

「フルタイムで仕事後に書籍化作業は大変ですね」と言われたのですが、乳児子育て中に本を出されている方、いるじゃないですか! しかも子どもが複数いる方とか。あれってどうされてるんだろう?と。

その方の自宅の押し入れの中にでも入って、どうされているのか、こっそり拝見したいです。←不法侵入やッ! 

 

自分の場合は、はじめての書籍ということもあり、時間の見積もりがわからず、常に不安でした。 

書籍の内容上、カナダの法律や税金をある程度、確認する必要があったのですが、これが地味に時間のかかる作業でした。ブログでは追記出来るところができないので注釈が必要になったり。

そして正直、辛かったのが、毎日のブログの更新。ブログの読者さんのおかげで書籍化になってるので、書籍化作業でブログ更新は休みたくない。 しかし、新しい記事を描くなら書籍にいれたいと悶々としました。 

結果としてこの書籍化作業時期、ブログでは時事ネタが増えています。時事ネタだと書籍にはいれられないので(発行時には旬でなくなっている可能性が高いため)。 でも時事ネタの方が読者様の反応が熱かったりしたこともあって、これまた新鮮な発見と驚きでした。 違う事はいつもやってみる価値があるものなのだなあ、と。

肉体的には疲労が頂点だったのですが、リブログとか「いいね!」とかして頂けると、やっぱり励みになって、立つんだジョー!状態で。

コメント欄はあけてないのですが(返せる自信がない)、リブログやメッセージやいいねをしてくださる皆さま、ありがとうございます。反応があるって嬉しいことなのだなあ、としみじみ思いました。そしていつもこっそり読んで下さってる読者様の皆さまもありがとうございます。

 

書籍化にあたって『これは面白い!』と信じていざ4コマにしてみたら、面白くなくて却下したネタとかもあります。描きたいのに画力が追いつかないとか、ネタはあるけど個人情報なので描けないとか。 ブログでは補足がいれられるけど、4コマで書籍だとスペースが限られるので、どう消化するのかも課題でした。正直、書籍化は自分が予想していたより、ずっとディープな世界でした。元(ブログ)があるから、そこそこ楽なのでは?と思ってましたが、ブログベースでもこのキツさか!と。

週刊誌で連載持ってる人は神ッ!作業が行き詰まると渡辺 航氏(弱虫ペダルの作者)のブログ(アメブロです!)を見て『この方は複数漫画連載してるのに自転車練習して、自転車レースにもでて、スポンサーもしてるし!』『まだまだ自分は時間配分と能率が悪いだけなのだ!弱音を吐くのは早過ぎる!』と自分を励ましてました。いや、実際には、弱音、吐きまくってましたが。

「本の作業はどう?(英語)」と友人に訊かれて

"ねゔぁーーーえんでぃんぐ!"

と叫んだり。作業中はまさに「メビウスの輪から抜け出せなくて」でした。

 

書籍化したいと思っている方は一冊分のボリュームを書き溜めるくらいの気骨はあったほうがいいかもしれません。 作業のスピードと既存データの量がそれなりにあるというのは、強みだと思います。 そして漫画やイラストの場合、印刷に対応出来る解像度とデータフォーマットを知っておいた方がいいです。 

 

自分の場合は、ブログ記事の既存ネタも、差し替えたり、加筆、修正しているのですが、記事を書籍用に選び、整えるのも時間がかかりました。書き下ろし作業の方に気を取られがちだったのですが、既存データを書籍用に整えるというのが結構な量であることを作業し始めてから気付くという。データのクリーンアップや入稿用にフォーマットを整えるとか。数が多いとちょっとした作業でも結構な時間をとられます。そして、これは描く側の自分だけでなく編集者さんやDTPさん側にも影響を及ぼします。新規ネタじゃないのに地味に時間がかかるという。

 

デジタルデータなので、差し替えはわりと簡単なのかな?と思っていたら、そうではなく。編集者さん曰く「一度入稿したら、入稿したものとして扱って下さい」とのことでした。 

認識不足の面でデザイン&DTP作業の方々にご迷惑をかけてしまったかと思います。 

編集者さんが適宜にポイントを指示してくれたので、作業の目安がわかりやすく、あり難かったです。 

本の製作はまさに共同作業なのです。1人では到底到達出来ない作業が様々な人のチームワークで1冊に仕上がるのです。 書籍化に関わって下さった皆さまには「本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。」としかいいようがありません。 

そんなチームワークの結晶なので、そこそこ売れて欲しいのですが、なにせサブカル扱いで王道からはずれているので、自分でPRしちゃうよ!っていう。 

 

書き下ろしがいっぱいあるのですが、このブログの記事がそもそも2000くらいあるので、どれが書き下ろしかわかにりくいことにあとで気付きました。ブログの全記事制覇した方にも、新しく読んで頂ける部分がそれなりの量としてあることを心がけました。なお、書き下ろしネタは、この先、ブログやその他で公開される事はないので書籍のみでの公開です。 

自分が守銭奴なので『すぐに読めてしまうのはイヤだなあ』と思い、4コマ本なのにどこもかしこも、みっちりみっちりいれてありますので、読むのに時間がかかる一品となっております。 描いた本人も『うわあああ、みっちみっち!』とあがってきた書籍を見て思ったという。 4コマ本というよりはむしろ、読み物です。

 

海外旅行や海外在住を予定されている方には特におススメです。 

そして行き先がどこの国であっても、これから旅行やワーホリや留学に行かれる女性には、P128-129だけでも読んでおいて欲しいです。 

『海外暮らしってどんなもんよ?』と興味がある方、または『日本大好きだから海外には興味ない!』という方にもおススメです。『海外(カナダ)、面白い!』と思う人もいれば、『日本に住んでて良かった!』と思う方もいて、読者様のなかでも感想が異なるのが面白いです。

 

どうでしょうか?バレンタインにおひとつ! 

バレンタインデーには似合わない本であることは確かですが、強烈な印象は残せます!(←?)

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

→  人気ブログランキングへ

→ にほんブログ村

 

Instagram始めました。

 drippingofpoison

 

----------------------------------

書籍が約51日前に発売されました!4コマ本とは思えない文字量の多さでございます。書き下ろしもガッツリいれました。

今ではすっかりオラオラキャラですが、最初に来た時のトラブルとかも描きました。

ワーホリや留学、海外駐在、海外移住、旅行でカナダに行かれる方にもオススメの一品でございます。

買ってあげてもよくてよ?と思ってくださる優しい方、Amazonや楽天でポチるか地元の本屋さんでお取り寄せをしてください。 ぶっちゃけ、小さい本屋には置いてもらえないと思うんで!キリっ!

レビューを描いて頂けるとさらに喜びます。ニヤリング。

よろしくお願いいたします。

 

毒の滴 毒の滴
 
Amazon

 

毒の滴 [ m ] 毒の滴 [ m ]
1,296円
楽天

 


ブログへのご訪問、いいね!、読者登録等々、ありがとうございます!


AD

リブログ(3)

  • ”書籍化作業沼4”

    日本証券アナリスト協会会員(会員番号:12357)第一種情報処理技術者1.「サプリ」から世界を変える①利益ではなく、売上の1%を 恵まれない子供たちの為に②本気で世の中を変えたい、 変えられると思っている 「クレイジーワン」③2020/09/30までの期間限定募集 在宅で初期費用2万円4千円から、で…

    Metaleaman

    2018-02-11 22:53:57

リブログ一覧を見る