カナダのオンタリオ州在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

★ブログの背景、プロフィールはこちら:以後、お見知りおきを…


ブログ記事は実際の出来事をもとに誇張や脚色を加えたフィクションです。とっぷり、ガッツリ、実在の企業名が出ている事もありますが、あくまで実在する人物や団体とは関係ありません。


 

 

アパートには火災報知器の設置が義務づけられており、そのメンテナンスはアパートの管理側がやることになっています。 アパートの規約で賃貸人は電池を取り出したりしてはいけないことになってます(電池を外して戻し忘れる人が多いため)。 

もし火災があった場合、賃貸人の不手際で火災報知器が鳴らなかった場合は賠償の対象になります。 

そして、天井が高いので、椅子に乗っても届かず、梯子とかを借りないと手が届かないのです。

なので、自分では手を出さずに管理人さん(同じアパートの1階に住んでいます)が電池交換してくれるのを待ったのですが、結果として2週間、アラーム音と暮らす事に。 

うるさいワッ! 

火災検知の場合は、連続して音が鳴るんですが、電池残量の警告の場合は20分に一度位、ピー!となるので、 その度にビックリします。心臓に悪いです。 

とはいえ、3日ほど経つとアラーム音がなっていても殆ど気にならなくなるという。 しかし、気にならなくなったと思っていても、身体にはストレスがかかっていたようで、アラーム音が鳴り始めてから 体調が一気に崩れました。もともとアラーム音、気付きやすいように不快音となっているので、これを日常的に 一定周期で聞いていたら、そりゃ、ストレスもかかるのかもしれません。 人間の身体って案外に繊細です。

 

そんなこんなで、電池が交換されるまでに2週間。ストレスフルでした。 

今度何かあったら、自分でやります。 規約を守った自分がバカバカしく思えました。 以前の管理人さんは即日に来てくれたので、まさか2週間もかかるとは思わず。 

しかし、カナダのスタンダードだと、2週間は遅い訳ではなく、交換しただけでもいい方だそうです。はががが。 

今度からは自分を頼ります!キリッ。

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

 


ブログへのご訪問、いいね!、読者登録等々、ありがとうございます!


AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る