「口ぐせ」変えませんか? | 大阪豊中市のダイエットが得意な薬屋ドラッグストア中央 ダイエットカウンセラーまっさんのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

大阪豊中市のダイエットが得意な薬屋ドラッグストア中央 ダイエットカウンセラーまっさんのブログ

自分自身2ヶ月で-7kgのダイエットを成功させ
2年以上たった今も体重をキープ!!

コントロールできるダイエット法を身につけて
日々おいしいものを食べてますよ♪

ヤセる習慣をつければ一生ヤセたまんま~♬

たとえば10キロ体重が増えた人も
昨日今日で一気に10キロ増えたわけではないはずですよねニコニコ

徐々に10キロ増えてしまったんですよね

そこに関係してくるのは、その日々の習慣。

ダイエットは日常の生活習慣の積み重ね。。。

 

楽しくダイエットできるような日常習慣をつけてしまえばダイエットは成功します

 

「それは十分に分かってるけど、日常を変えるって難しいやん」

 

そうかも知れません。。。

そこでヒントがあります。。。

 

それは

『無意識』を理解することがポイントです

この「無意識(潜在意識)」を動かしているのが
「イメージ」です

 


その多くはあなたの発する「言葉」の影響を多く受けているんです

 

・・・ということはこの無意識に語りかけている『言葉』がとっても大事
 

 

そして、それはいつも話している「口グセ」にあります

 

 

プラス思考が口ぐせなら

マイナス思考も口ぐせです

 

 

ダイエットがなかなかうまくいかない

人たちの口ぐせを注意して聞いていると

強いマイナス思考が働いています。

 

 

ことあるごとに

『ムリ』『ダメ』『できない』

といった言葉を繰り返します・・・

 



人はなぜ「できない」と言いたがるのでしょうか

 



これには

大きな理由があります。。。

 


それは

『自己防衛本能』


 

つまり自分を正当化しようとする

気持ちが働くために

『できない』という言葉を

使ってしまうのです・・・。
つまりできなかったことに対して理由をつけることで
安心させようと無意識にしちゃうんです

ということは
「逆」もあるということ。


つまり『肯定語を意識して使うこと』

「太らないように」という言葉は「太る」プラス否定語「ない」で
潜在意識(無意識)では「太っている」自分をイメージしています

だから「太らないように」という口癖なら「痩せる」または「痩せている」という
言葉を意識して使うといいです

「~する」「~している」「~でした」は
脳をワクワクさせる肯定ことば


 

日々肯定語をいしきしていきましょうね



応援しています