大阪豊中市のダイエットが得意な薬屋ドラッグストア中央 ダイエットカウンセラーまっさんのブログ

自分自身2ヶ月で-7kgのダイエットを成功させ
2年以上たった今も体重をキープ!!

コントロールできるダイエット法を身につけて
日々おいしいものを食べてますよ♪

ヤセる習慣をつければ一生ヤセたまんま~♬


テーマ:

タンパク質は種類を分けて

うまく摂り入れてくださいね♬

こんばんは😁

 

ドラッグストア中央 増田です。

 

今日はタンパク質についてです。

ダイエットすると大にして減りがちになるのが

「タンパク質」です。

 

さてさて

先日ご来店いただいたお客様ですが

お仕事をされていて

だいたいお昼は近場のお店でのランチ。

 

うどんやお寿司といったものが多いと伺いました。

 

体重の落ち方がイマイチだったので

僕がご提案したのは

「肉食べてください」ということでした

 

「え???お肉ですか??」

 

と少々びっくりされたみたいですが

素直に1週間お肉(タンパク質)を摂って下さり

結果1.2キロ減でした。

ご本人は食事にも注意されていたのですが
こういったところに「落とし穴」があったりするんです。

 

私達は食事をすることで
「栄養」を取り込んで活動をしています。

 

3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)のうちカラダに貯めることのできないもの。それは「タンパク質」です。

 

タンパク質には大きく分けて「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」に分けられますがそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

【動物性タンパク質のメリット・デメリット】

 

動物性たんぱく質は、肉や魚、卵などに含まれています。

 

動物性たんぱく質には、植物性たんぱく質に比べて利用されやすいアミノ酸が多く含まれ、血や肉などを作りやすいというメリットがあるのです。

 

しかし、動物性たんぱく質を含む食品には、

同時に動物性脂質も多く含まれ、

ものにより悪玉コレステロールが多く含まれるものも多く、

大量に摂取するとダイエットどころか、

不健康になってしまうものもあります。

 

【植物性タンパク質のメリット・デメリット】

 

植物性たんぱく質は、豆類や豆製品などに含まれています。

特に豊富にたんぱく質を含んでいる大豆や豆腐、おから、納豆などは、

植物性の中でもたんぱく質の割合が多く、

ダイエット中のバランスを考えたたんぱく質補給には

優れている食品と言えます

 

植物性たんぱく質のメリットは、

動物性食品に多い体にあまりよくない脂肪酸を抑えつつ、

たんぱく質を摂取できる点と言えるでしょう。

 

また米などの穀類は炭水化物が割合的に多く含まれているものの

必須アミノ酸の割合が多く

良質なたんぱく質を摂取する上では

必要となる食品と言えるでしょう。

 

【理想は動物性タンパク質と植物性タンパク質が1:1】

 

ダイエットを始めると、肉や魚の摂取量を減らして、

野菜や果物の摂取量を増やす人が多いようです。

 

 

健康維持のためには、

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を1対1程度の割合で摂取すると、

不足しやすいアミノ酸を補いながら体によくない脂肪酸を抑え

上手にたんぱく質を摂取できます

 

タンパク質は絶対必要な栄養素です。

 

できるだけ食事の中に取り入れるようにしてみてくださいね

 

応援しています

 

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

豊中市のダイエットを応援!ドラッグストア中央さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります