今日も楽しかった洋裁教室 | 東京・池上、オーダーウェディングドレス、1000通りのドレス制作ドレスさらHisako

東京・池上、オーダーウェディングドレス、1000通りのドレス制作ドレスさらHisako

ジュン・アシダで実践で学び腕を磨いた、ドレス創り50年のウェディングドレスデザイナー粕谷尚子です。花嫁さんの夢を叶えるドレス創りが私の生き甲斐です。

オーダーウェディングドレス ドレスさら
〒146-0082 東京都大田区池上 03-3755ー6822

image

 

 

 

 

こんにちは。

 

ウェディングドレスデザイナーHisakoです。

 

 

 

 

 

 

 

今日も、いつも熱心に土曜日に参加してくださる受講生さんが、朝から元気にいらしてくださいました。

 

 

ファッションショーには、お二人のお友達のためにドレスを創って、出展してくださいます。

 

 

お一人のドレスは完成して、ご自身の音楽会のステージですでにお召しになってくださり、大好評をいただいたそうです。

 

 

今は別のお友達ために、2着目のドレスに取り組んでくださっています。

 

 

お友達の皆さんは、お忙しくてなかなか仮縫いにいらして頂くことが難しいのです。

 

 

それで、仮縫いが済むまでは、別の進められるところを進めてくださっています。

 

 

今日は、身頃に付けるレースのオーバー身頃の裁断をしました。

 

 

こちらはネット状のレースですので、一度別の生地ですが、同じような素材で仮縫いをしていますので、その型紙通りに裁断をしました。

 

 

このレースのオーバー身頃は、どんどん縫っていただきます。

 

 

2週間後の次回は、お友達がいらしてくださり、再度の仮縫いをさせていただくことになりました。

 

 

着々と前進をしています。

 

 

午後からは、お二人の方がいらしてくださいました。

 

 

お一人は、栃木県の宇都宮から、夜勤明けのそのままでいらしてくださいました。

 

 

どんなにかお疲れだと思いますが、お元気に学んでくださいました。

 

 

今日はウェディングドレスの裁断と言う大物に取り組んでくださいました。

 

 

相当な重労働ですが、お若くてまだまだ体力がおありですので、私の方が先に座り込んでしまいました(笑)。

 

 

もうお一人、いらしてくださった方は、やはりファッションショーに出展されるコートの縫製の準備に掛かってくださいました。

 

 

ご自分でデザインをされ、素敵なデザイン画を描いてくださった方です。

 

 

芯の貼り方から学んでくださいました。

 

 

どこにはどういう芯を貼るのか、細かく各部分の芯の種類や、芯の貼る位置をお伝えしてカットしていただきました。

 

 

とても丁寧な仕事をされる方ですので、観ていてとても安心していられます。

 

 

貼り方も1回説明させていただきましたら、どんどん進めてくださいます。

 

 

流石は、ニューヨークのデザイン学校で学んでこられた方だけあります。

 

 

進歩の速さが違います。

 

 

先日、生地屋さんにも行かれて、素敵な生地を買ってこられました。

 

 

又その生地を使ってワンピースなどを制作されるのが楽しみです。

 

 

午後からいらしてくださった方は、明日もまた一日通しでいらしてくださるそうです。

 

 

着々と前進して行かれる様子を目にしていることが、私の幸せでもあります。

 

 

また明日が楽しみです。

 

 

今日も素敵な一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2本の動画は、Ellieさんが制作してくださいました。

 

 

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

ウェディングドレスデザイナーHisako

 

 

 

お問い合わせ

 

 

お電話、メールでのご相談も承っております。

    
     03-3755-6822

 

     hisako.kasuya@nifty.com

 

 

 

146-0082

 

大田区池上7-19-7-303

 

メニュー記事はこちらです。

 

メルマガのご登録は、こちらからお願いいたします  

 

ドレスさらのホームページはこちらです。