生地購入ツアー最終日 | 東京・池上、オーダーウェディングドレス、1000通りのドレス制作ドレスさらHisako

東京・池上、オーダーウェディングドレス、1000通りのドレス制作ドレスさらHisako

ジュン・アシダで実践で学び腕を磨いた、ドレス創り50年のウェディングドレスデザイナー粕谷尚子です。花嫁さんの夢を叶えるドレス創りが私の生き甲斐です。

オーダーウェディングドレス ドレスさら
〒146-0082 東京都大田区池上 03-3755ー6822


テーマ:
image

 

 

 

 

こんにちは。

 

ウェディングドレスデザイナーHisakoです。

 

 

 

 

 

 

青山の生地屋さんのご好意で、受講生の方々とご一緒に催事の最終日に行ってきました。

 

 

私は今日は洋裁教室がない日ですので、ご案内させていただきました。

 

 

山と積み上がったたくさんの生地の中から、自分が欲しいものを探すのは、なかなか大変です。

 

 

どれも素敵な生地ばかりです。

 

 

最高級の生地しか置いてない会社です。

 

 

その中から自分の好きな物、自分が創りたいものに一番ふさわしいものを選ぶのですから、なかなか大変で時間が掛かります。

 

 

私は、受講生さんから、「これはどうですか?」

 

 

「コートにするにはどういう生地がいいですか?」

 

 

「ファッションショーの作品でドレスを創るにはどれがいいですか?」

 

 

などと質問をいただき、ご一緒に探します。

 

 

本来は、洋裁の業者の方のみが来られる会社ですけど、担当の方のご厚意で、受講生さんもご一緒させていただくことが出来ます。

 

 

皆さんとても楽しみにしていらっしゃいましたので、時間をかけてしっかりと、ご自分に必要なものを選ばれました。

 

 

今回は買わないつもりでいた私ですが、やはり1点だけ買ってしまいました(笑)。

 

 

3年ほど前に、しっかりとした厚手の紺の木綿の生地で、夏用の袖なしのブラウスとタイトスカートを創りました。

 

 

それはとても気に入って、何度も何度も着ました。

 

 

2年間は良く着たのですが、その生地が固くてしっかりし過ぎていることに、少し飽きが来てしまいました。

 

 

けれどもやはり紺の無地のワンピースが欲しいと思っていたのです。

 

 

今日見ていましたら、シルクの紺の生地で、全く皺にならず、しなやかでとても気に入る生地がありました。

 

 

迷わず買ってしまいました。

 

 

いつでも気兼ねなく着れて、そして時にはフォーマルの場面であっても着られる、いい生地の紺のワンピースが欲しかったのです。

 

 

1着あるにはあるのですが、生地が少し光っていて、フォーマルにはいいのですが、普段に着るのには少し大げさになってしまうのです。

 

 

もう少し自然体で普通にも着れる素材のワンピースが欲しいと思っていました。

 

 

そのためには、これぞという最適な生地が見つかりましたので、即決で買ってしまいました。

 

 

出来るだけ早く縫い上げてしまいたいです。

 

 

あれもしたい、これもしたいと、あれこれするので、疲れが溜まるのですね。

 

 

最近少し疲れ過ぎの傾向がありますので、もう少し上手に休む工夫をしなくては、と、また一つ新しい課題が出来てしまいました(笑)。

 

 

トレーニング効果が表れる前に、すっかり疲れを溜めてしまったようです。

 

 

残念ながら、今日はバレエトレーニングをお休みしてしまいました。

 

 

もう少し上手に日々を過ごす努力をします。

 

 

 

 

それではまた。

 

 

 

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

ウェディングドレスデザイナーHisako

 

 

 

お問い合わせ

 

 

お電話、メールでのご相談も承っております。

    
     03-3755-6822

 

     hisako.kasuya@nifty.com

 

 

 

146-0082

 

大田区池上7-19-7-303

 

メニュー記事はこちらです。

 

メルマガのご登録は、こちらからお願いいたします  

 

ドレスさらのホームページはこちらです。

 

ウェディングドレスデザイナー粕谷尚子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります