こんにちは、Asukaです。

今日は、【周りに感謝されることによって、人生がより豊かになる!】
という話をします。

私は仕事をするのは
お金を得るため、生活をするためだと思っていました。
間違ってはいないけど、
それは人生をつまらなくする考え方でした。

社会人(空港勤務)2年目の6月
この時期は特に天気の崩れなどはなく、毎日平和
平日の昼間は空港も空いていて、比較的仕事が楽な時期。

周りのスタッフはカウンターの前でお客様が来るのを待ち、
手続きに来たお客様の搭乗手続きをしたり、荷物を預かったり。
要望や問い合わせが何もなければ多分、一人2.3分の対応
それが当たり前の風景でした。

誰が見ても、何も疑問は持たないと思います。

でも、私はその風景を見て違和感を感じました。
みんな、教えられた仕事をちゃんとやっています。
でも、覇気がなくロボットみたいで、どこからか
「あー、今日も仕事かったるいなー。早く終わらないかなー。」という
声が聞こえてきそうな、、、

仕事ってこんなにつまらなさそうにやるものなのかな?
みんな、何のために仕事をしているんだろう?
と思っていました。

そんな中で私が気づいたこと
「ありがとう」と「笑顔」が人を幸せにし、仕事と人生を楽しくする

空港時代はこの気持ちが味わえるのは
1ヶ月に一度あるかないか
今はほぼ毎日、
元気が出た、ありがとう、と笑顔で言ってくれる人たちがいます。

下記に、幸せを感じた一日を、当時を思い出しながら
書いてみました。
思い出してもやっぱり、幸せな気持ちになります!

この記事を読んで、今の日常が当たり前になりすぎていて、
自分の仕事について、自分の幸せについて考えたことがない人に、
ちょっとでも振り返るきっかけを与えることができたら嬉しいで
す!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【人から感謝される仕事をしよう!】

国際線乗り継ぎカウンターを担当していて
20代後半の男女のお客様がいらっしゃった。

誰がどう見ても
幸せオーラ全開のカップル
周りに見せつけるような嫌な感じとか
自分たちの世界に入ってイチャイチャしてるのではなく
見てて微笑ましい感じ

なんかその雰囲気に
私もほっこりしたので
私はいつもより笑顔で
「いらっしゃいませ。お手荷物を台の上にお願い致します。
旅程表とパスポートをお預かり致します。」
と言い、チェックインの手続きをした。

行き先はホノルル。

ホノルル、いーなー!
空港で働いてるのに
一回も海外行ったことないし
時間的にも金銭的にも
海外行ける余裕なんてない

しかもホテルは
アウラニ・ディズニー・リゾートホテル
(これ見たらみんな行きたくなるよ!笑
https://www.disneyaulani.com/jp/)

ハワイ✖️アウラニ・ディズニー・リゾートホテルは
最強の組み合わせだと思う!

と思いながら手続きをしていると
女性のお客様から
「このスーツケース、取扱注意でお願いします。」
と言われ、何が入ってるのか聞いた。

すると
「ウエディングドレスが入ってるんです。
ハワイで式をあげるので♪( ´▽`)」
お客様が嬉しそうに笑顔で言った。

それを聞いた瞬間に
鳥肌がたった。
ハネムーンでハワイに行くお客様はたくさんいるけど
わざわざウエディングドレス持参で式を挙げに行くお客様は
初めてだったから。
そして、女性だったら誰もが憧れるシチュエーション。

私は接客中にも関わらず、テンションが上がり
「え!?おめでとうございます!ハワイで挙式、めちゃくちゃ素敵です
ね!いーなー!最高の思い出になりますね!大事にお預かり致しま
す!」
とすごいフレンドリーな接客になってしまった笑

だけど、それが良かったらしくて
お客様もいろいろ話してくれた。
初めてハワイに行くこと
この日をどれだけ待ちわびていたか
楽しみすぎて昨日は寝れなかった
ハワイにいる間、どうゆう過ごし方をするかまで
話してくれて、そのお客様と会話するのが
とても楽しかった!

今思えば、この時から
無意識に相手目線で関わること、共感ができていた私
グッジョブ!

カウンターが空いていたこともあり、
気がついたら10分くらい話していた笑
あっという間の10分
こうゆう時は仕事がすごく楽しくできる。

手続きも終わって
そのお客様がカウンターから離れた後、

なんかしてあげたいな
人生の一大イベントに私たちの会社の飛行機を利用してくれて
一生の思い出に残る旅行の一部になれるって
めちゃくちゃ嬉しいし、素直にお祝いしたい。


と思って、出発前にプレゼントを渡すことにした!

私が勤めていた会社は
数ある航空会社の中から
この会社の飛行機を選んでもらったことに対しての感謝や
ファンになってもらうため
思い出に残る旅行にしてもらうために

接客中にいろいろお話をして
「何かしてあげたい」と思ったお客様に
出発前にプレゼントとThanksカードを渡すという
ホスピタリティ溢れるサービスがあった。

私はこのサービス最高だと思う!
こうゆうところが大好きだ!
だから
辞めてもこの会社の飛行機に乗りたい!
という気持ちは今も変わらない。
この会社の飛行機に乗れない時は
飛行機はただの移動手段。
でも、この会社の飛行機に乗る時は
楽しみの一部になる。

お客様の手続きをしたのが
出発2時間くらい前だったので
急いでカウンターを抜けて
空港内のお店でプレゼントを探す。
結構大きい空港だったので、お土産やさん、ユニクロ、雑貨店など
いろんなお店が入ってて選びたい放題。

これから出発だからあまり荷物にならないものがいいよな
形に残るものがいいかな?
お菓子とかなくなるもののほうが無難かな
二人に対してのプレゼントだから
あまり女性っぽいのも微妙だよなー
いろんなお店を巡りながら
そんなことを考えつつも
私の頭の中は、サプライズでプレゼントを渡した時の
お客様の驚いた、嬉しそうな笑顔がみたいという思いで
いっぱいだった。

30分くらい迷って、決めた!
やっぱり荷物にならないものがいい!と思って
サマンサタバサのクッキーの詰め合わせにした
サマンサのキャラクターのクマの形をした可愛いクッキー

結局、女性が喜ぶプレゼントになっちゃったけど
気持ちが一番大事だし何をあげても喜んでくれるという
確信はあった。

プレゼント用にラッピングをしてもらい、
急いでオフェスに戻って
今度はThanksカード作り♫

ここでも何を書こうか迷う。
私はとても優柔不断だった。
カウンターの仕事するより、お客様が直接感謝してくれる、
喜んでくれるこっちの仕事のほうが楽しかったから、
ちょっとサボろうというよこしまな気持ちもあったが笑

だいたい名刺サイズくらいのカードだったから
何を一番伝えたら喜んでもらえるか
めちゃくちゃ考えた。
2.3枚失敗した笑

結局シンプルに
「〇〇様 ご結婚おめでとうございます!本日は大事なご旅行に弊
社の飛行機をご利用頂き、ありがとうございます!
大切な思い出の一部になれることがとても嬉しいです!
ハワイでの時間が素敵なものになりますように。
行ってらっしゃいませ。」



準備が終わったのは出発1時間前。
もうお客様は保安検査場を通り、搭乗口エリアに入っていた。

私も慌てて、プレゼントを持って搭乗口へ。
その飛行機に乗る何百人ものお客様が待っていた。

どのお客様だったけ??
あの人たちかな?いや、でもなんか違う。

正直、そんなに目立つような服装をしていたわけではなかったの
で、うろ覚えだった。
それに、1日に何千人もの人と出会ってて
私の脳は混乱状態。
(⬆︎ただ単に記憶力がないだけ笑)

その時、一瞬見て
「あ!あのカップルだ!間違いない!」と思った人たちがいた。
服も顔もうろ覚え。
でも、一度見て確信したのは
やっぱり幸せオーラ全開だったから。

「〇〇様!」と声をかけたら
お客様も覚えててくれてて
「あ!さっき手続きしてくれたお姉さん(^_^)」と。
もう、それだけで嬉しかった。
覚えててもらえるってめちゃくちゃ嬉しい。

「先ほどはお手続きをさせて頂き、ありがとうございました!
ウエディングドレスが入ったお手荷物、大切にお届けしますね!
それで、そんな人生の思い出となるご旅行に
弊社を選んでもらえた感謝の気持ちとご結婚のお祝いとして
プレゼントを用意しました。もしよろしければ受け取ってください」

お客様は思ってもいなかったプレゼントに
目をまん丸にして
「え!?うそ!?プレゼント!?もらっていいんですか??
ありがとうございます!
もう最高の思い出になること間違いないです!
実は今回初めてこの会社の飛行機を利用するんですが、
この飛行機にしてよかった!
これからはここの飛行機しか乗りません」と言ってくれた。

本当にその言葉以上なものはなく、私も最高に幸せだった。
多分、周りから見たら私たちの空間だけ
ピンク色に包まれてる感じだったと思う笑

この瞬間のために
私は空港の仕事をしている。
やっぱり人に感謝され、喜んでもらえる
これ以上のやりがいはない
そう感じた。

空港での出会いは本当に一期一会。
だけど、たまにこのお客様みたいな方とも出会える。

このお客様との物語はこれで終わりではなく
実は続きがあって


2週間後
会社に1通の手紙が届いた。

上司がミーティングの時に読み上げる。

聞いてみると
ホノルルでの結婚式、旅行が最高だったという幸せな報告と感謝
の気持ちが綴られていた。

「あ!あのお客様だ!」

お客様はさすがに私の名前までは覚えてなくて
会社宛の手紙だったけど
それでも、嬉しすぎて泣きそうだった。
誰がその接客をしたのか周りはわからない。
自分だけがわかる。
会社宛だったかもしれないけど、私に言ってくれてるメッセージ。

すごい自己満的な解釈 笑
でも、誰にも迷惑をかけないのなら
そんな解釈もいいと思う。
というか、自分のために
そうゆう考え方をするのはすごい大事。

もちろん、自分だけが得をする
自分の思いや考えを押し付けて、自己満になるのは違うよ!
相手に嫌な思いをさせちゃってる時って
無意識で自分ではなかなか気づかないから
難しいところでもあるけど。。。
たまに自分のポジションを上げるために
意識的にやってる人もいるけど
それってこっちもなんとなく気づくし
その人とは関わる価値なし。
絶対いいこと起こらないから離れたほうが良い!


いい雰囲気になったら
自分を褒めてあげる。
間違いなくあなたに感謝してる人がいるのだから
誰もができることではない。


人に感謝されることをやると
自分も周りも笑顔で幸せになれる。

人生も楽しくなるし
生きている価値を感じられる
自分に自信も持てる。

最高だよ!


仕事は人生の3分の1を占める。
だから
そうゆう仕事しよう!
なんのためにやってるかわからない仕事や生活のためじゃなくて。

仕事内容はなんでもいいよ。
周りだけじゃなく、自分も幸せにする仕事をしよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました(^ ^)

少しでも何か響いたものがありましたら

コメントもしくはフォローをしてくださったら

嬉しいです♫