松果体というのは、間脳にあり、その昔は、第三の眼だったのだそうです。


「目覚めよ松果体」を読んだ処、さっぱりわからなかったので、「間脳発想革命」も、読んでみました。(^^)


正直、松果体を意識しろと言われても、脳って感覚ないし、難しいって思いません?


でも、こっちの本にも「間脳を意識しよう」と書いてあって、あの〜?という感じでしたが。


多少、わかったことがあります。


思考するのは、大脳。


生命を司るのは、脳幹。


で、脳幹の司令塔が、間脳で、自律神経を司り、オキシトシンとか、セロトニンとか、幸せホルモンも、出します。


つまり、むちゃくちゃ大事ってことですね。(^^)


中でも、松果体は、幸せホルモン、セロトニンを出して、それが、夜になると、メラトニンになって、ぐっすり眠れる、という。


日夜のリズムを、司っている器官なのですが。


昔々、三畳紀の前までは、三つ目の生き物が、けっこういて。


その第三の眼、頭頂眼だったのが、松果体になったのだそうです。


もと眼なので、光には敏感。主に、眼から入る朝の光で、セロトニンを出してくれるそうです。


う〜ん、これは、早起きして、ウォーキングするべきか?


で、感謝すると、脳内麻薬&免疫アップの、エンドルフィン、出るそうです。


そう言われると、すっごく感謝したくなります。(笑)


さて、大脳が暴走して、ストレスフルな世の中ですので。


潜在意識の、間脳優先の生き方も、いいかもしれませんねぇ。(^^)


私たちの脳には、命を守り、幸せになろうとする、間脳というのがあるので。


人と競争して、比較し、少しでも得をしようとする、大脳を働かせるよりも。


人と協調しようとか、生きているだけで、素晴らしいと思う、間脳の潜在意識を生かした方が、いいのかも?


それって、悟った人の意識に近い、と思うので。


やっぱり、松果体を活性化すると、異能力、花開いちゃうかも?です。(^^)




ではまた、お手数ですが、応援クリックを、よろしくお願い致します。(^O^)


いつもランキングを、ポチッとしてくださって、ありがとうございます。


皆様方のお幸せを、お祈りしております。m(_ _)m



癒し・ヒーリング ブログランキングへ