★栗城 史多さん講演「NO LIMIT~自分を越える方法~」 | ドリプラ名古屋 オフィシャルブログ

★栗城 史多さん講演「NO LIMIT~自分を越える方法~」

「ドリームプランプレゼンテーションin名古屋」は夢を叶える者たちが立ち上がる、ビッグイベントとして毎年開催され、今年11月10日には4回目を迎えます。

名古屋から日本を元気に!!をテーマに「夢の実現」「共に成長する学びの場」「支援の場」として2009年に発足しました。

私たちは、今、夢に登る栗城くんを、全力で応援します。
一緒に栗城くんを応援しませんか?ぜひご参加ください



ブーケ2名古屋活性化コミュニティ ナゴドリ主催 講演会

2012年7月14日(土)

=============================
栗城 史多 
「NO LIMIT~自分を越える方法~」
【僕は今、生きている】
=============================
小さな登山家が極限の世界で見つけた
魂のメッセージ


*****************
成功すれば、日本人初
たった一人、酸素ボンベ無しで
人間が生存できないデス・ゾーンに突入し、
世界最高峰エベレストの頂を目指す。

今、日本中が注目する若き登山家
4度目の挑戦目前!貴重な名古屋での講演会

*****************

『本物の夢を追いかける姿!』
『本物の勇気』

私たちが、仲間たちへ、子どもたちへ伝え続けたい事
それを、彼が見せてくれます。

山を登ること。

感動とワクワクが沢山あるけれど、

本当は怖くて怖くて、
あきらめようか、逃げようかという気持ちもいっぱい。
そんな思いを隠すことなく、自然体で登る。

「自分が生きていくための勇気と自信を持ちたかった」とかっこつけずに語る彼からは、
人の強さと弱さと素晴らしさが、ただただ伝わってくる・・・
『あきらめなければ夢は叶う』と信じてひたむきに山を登る彼の姿に感動し、応援したくなります!

8月、4回目のエベレスト挑戦の登頂直前!名古屋講演みんなでエールを送りましょう

------------------------------------------------------------
日時 2012年7月14日(土)開場13時30分~ 開演14時~16時30分
    
 司会:生田サリー(フリーアナウンサー)

会場 東建ホール 
    名古屋市中区丸の内二丁目1番33号
    東建本社丸の内ビル3F・4F
    東建コーポレーション株式会社 TEL(052)232-8070
    http://www.token-hall.com/access/index.shtml

<公共交通機関>名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅下車1番出口より徒歩1分
<お車>名古屋高速「丸の内出口」より北へ約130m


<入場料≫前売り 大人3,000円(当日3500円)
2枚組セットで5,000円
中高大学生 2,000円 小学生以下無料

主催  ナゴドリ活性化コミュニティ ナゴドリ事務局
(株)ワンダージュリア seminar@wonderjulia.com
電話お申込み 0120-92-7584  
========================================
   ≪ チケット申込 ≫
    
こちらのお申込みフォームからお願いします
  ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.nagodori.com/contact_20120714/
========================================

★ プロフィール  ----------------------------

栗城史多(くりき のぶかず)
1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始める。
6大陸の最高峰を登り、2007年以降はヒマラヤ8000m峰に挑戦。
2007年「チョ・オユー(8201m)」の単独・無酸素登頂、
2008年には「マナスル(8163m)」にて、日本人初の単独・無酸素登頂と山頂直下からのスキー滑降に成功。

2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始め、
「ダウラギリ(8167m)」の単独・無酸素登頂と6000m地点からインターネット中継を行う。

エベレストには登山隊の多い春ではなく、
あえて気象条件の厳しい秋に単独・無酸素で挑戦する。

諦めることなく挑戦を続け、「冒険の共有」として
自らの挑戦する姿を多くの人に見てもらうことを通じて、
「一歩を越える勇気」を伝えることを目指す。

2012年春シシャパンマ南西壁(8027m)
この秋には、4度目となる世界最高峰エベレスト
(8848m)に単独・無酸素で挑戦する予定。
今、日本中 いや世界中から注目を浴びている日本人の一人である。

・栗城史多 公式サイト http://kurikiyama.jp/
・栗城ブログ http://ameblo.jp/kurikiyama/
・最新映像 http://www.youtube.com/user/kurikiyama
・Twitterアカウント: kurikiyama

========================================
    ≪ チケット申し込み ≫
    
こちらのお申込みフォームからお願いします
↓   ↓   ↓   ↓
http://www.nagodori.com/contact_20120714