dreaming of ・・・ *七色の願い*

 dreaming of ・・・ *七色の願い*

手作りピアスを作りたい・・・をきっかけに偶然出会った『ワイヤーを編む』という技法。
小学生以来の編み物初心者が楽しみながら、悩みながら、学びながら作る
ワイヤーアクセサリー達を、日々の出来事を織り交ぜながら気ままに
記録していきます。

夏にはなかなか楽しめない事♪

 

 

私は金属アレルギーのため、首元の広い服装が多くなる春夏には、

メタリック素材のコスチュームジュエリーを着用出来ません。

 

ですから、ハイネックやオフタートルのシーズンが待ち遠しいのです。

 


こちらは2015年頃に作りましたネックレス。

ペレンとフラワーのワイヤーレースネックレス~ピンク~

 

以前、ワイヤーアクセサリー ディプロマのレッスン 4

ルトゥールクロッシェのネックレス ~レフレクシオン~ で少しご紹介しましたが、こちらの作品は

ビーズのお色も私の好みのピンク色で、ネックレスのデザインがとても可愛いのです。

 

 

数年前にこちらを着用して、渋谷のジェニュインさんへお買い物に行きまして、お会計の時

 

店員さん...「お店にいらした時から、素敵なネックレスだなーと思って見てました。」

 

私...「これはキットで、私は作っただけなんです。綺麗なデザインですよね 」

 

 

と、会話が弾みました。  (*^-^*)

 

 

自分の身に着けているものを褒めていただけると、とても嬉しいものです。

 

自分で編んだものだから、なおさら嬉しい (#^m^#)

 

 

 

『秋になったら着けよう♪』と、ワイヤーレースのネックレスやペンダントキットを

色々購入しておりまして、お品がどんどん増えているのですが、認定のレッスン用

作品や提出用の本番作品制作 etc...

 

ただ今やるべきことが有りすぎて、手付かずの物ばかりです。

 

すべて完成するのはいつ頃かな?

 

KEI

 

レッスン 4 は、ルトゥールクロッシェという新しい技法の編み方で編み地を作り、

両端にチェーンを繋いでネックレスにする作品です。

 

 

ルトゥールクロッシェは、ジュエリークロッシェ認定講座『ソフィースタイルコース』

から新登場のオリジナル技法です。

 

左右交互にビーズの粒が扇状に並び、優しく可愛らしい印象の編み地です。

 

 

レッスン 4 の作品は、シャープな印象のメタルパーツを、ネックレスのセンター

3か所に編み入れています。

 

ブラック系のビーズともマッチして、甘すぎず洗練されたデザインです。

 

 

 

こちらはセミナー受講後、新たに制作しました作品です。

 

 

 

 

数年前、ワイヤーレースジュエリーのレッスン 4 を受講していました頃、お教室の先生に

DMを頂き、初めてビーズフェスティバルへ出掛けまして、その時一目ボレしたペンダント

ネックレスのキットを購入しました。

 

ぺレンとフラワーのワイヤーレースネックレス~ピンク~

 

 

 

 

ペレンクロッシェという技法で編む作品ですが、ワイヤーレースの認定では習いません。

 

当時、お教室の先生にレシピの読み方、編み方を教えて頂き、何とか完成させましたが、

このルトゥールクロッシェは、ペレンクロッシェの編み方に少し似ているなと思いました。

 

ペレンクロッシェの編み地

 

 

ルトュールクロッシェは『鎖編み・鎖編み・細編み』を1パターンとし、必要な長さまで

編み続ける訳ですが、セミナーでは、前のレッスン 3 を最後まで仕上げることが出来ず、

レッスン 4 に入ってしまいましたため、しばらく ((ヽ(゚〇゚;)あわわわ(;゚〇゚)ノ)) 上の空でした。

 

 

「 (-o -)  鎖、鎖、細編み、鎖・・・」 

 

呪文のように繰り返し、編み地は完成しましたが、ネックレスとして完成する前に

タイムアウトでした。 (-"- ;

 

 

 

ルトゥールクロッシェは、ビーズの大きさ・形・並び等を変えれば、デザインの幅が

もっと広がるようです。

 

 

全部作ってみたい作品ばかりで、写真を見ているだけでも楽しいですし、デザインの

構想を練る参考にもなります。

 

 

 

以上で『かぎ針で編む ワイヤーアクセサリーディプロマ講座』レッスン作品及び、

受講しました伝達講座の記録は終了です。

 

 

 

関連記事です。

『かぎ針で編む ワイヤーアクセサリーディプロマ伝達講座』を受講しました

 

KEI

レッスン 3 は、作り目の鎖編み、パールを入れた引き抜き編みと細編みで編み地を

作り、成形してブローチにします。

 

 

細編みを編む作品ですが、ワイヤーで編んだ場合、既に編んだ目と次にかぎ針を

入れなければいけない目の見分けが付きにくく (@_@;)

 

 

 

こちらの作品は、作り目を飛ばしながらビーズを入れた細編みを編みますが、

ベテラン講師の先生方でさえも間違えてしまいがちだったのだそうです。

 

 

 

 

 

ベテランには程遠い私は、長い編み目の場合は数目ごとにマーカーを付けたり、

面倒ですが、やはりちょいちょい数えながら確認しつつ編むことにしています。

 

 

あと、ワイヤーレースの認定を受講していました頃、細編みや円形編みのレッスンで、

「先生! 次に編む目がわかりません (;''∀'') 」 と訴えた所、

「こうしてみると分かり易いかもよ (^-^)b 」とコツを教えて頂いてから、

少しストレスが減りました。

 

 

 

こちらはセミナー受講後、新たに制作しました作品です。

 

 

レッスン 2 とは一転、『かぎ針で編むワイヤーアクセサリーディプロマ講座』 

4作品の中で、『一番手こずりそう (-_-;) 』と思ったのが、こちらの作品でした。


 

 

最初に書きました通り、細編みのかぎ針を入れる場所と、ロンデルの編み込み方にも

注意が必要なのですが、何と言いましても成形を頑張る作品なのです。

 

 

 

成形の手順そのものは、編み地を二つ折りにして両側をはぎ合わせたり、はぎ合わせた

編み地やビジューをブローチ台に留め付ける等、無造作に進めて良いのであれば

難しいことはありませんが、そうではない細かい作業になりますので、結構気を配り

目を酷使します。

 

レシピ、編み地、ブローチ台とのにらめっこで、完成の暁には達成感と眼精疲労で

目がかすみました (@_@。

 

でも、パール1コ分きつ目に編仕上がってしまったかな (~_~;)

 

 

 

レッスン 1 の 鎖編みのYラインネックレス ~シェノン~ とコンビで着用出来ます。

 

 

 

関連記事です。

『かぎ針で編む ワイヤーアクセサリーディプロマ伝達講座』を受講しました

 

KEI

 

レッスン 2 は、パールを入れた鎖編みの作り目をもとに、パールを入れた

引き抜き編みや鎖編みを織り交ぜながら、上品な色合いの素敵なブレスレットを

制作します。

 

 

作品名にもありますイオンパワービーズは、作り目の鎖編みに編み込まれています。

 

画像ではブレスレットの内側の、大きな9個の白色パールがそれです。

 

 

 

イオンパワーパール(ビーズ)とは、樹脂ビーズにイオン化したチタンとゲルマニウムを

配合した新素材なのだそうです。

 

健康パワー、癒しパワーに加え、樹脂素材のため同じサイズのガラスビーズや

パールよりも軽いのだそうです。

 

 

 

もし上記のような効果が期待出来るのであれば、長時間身に着けたいですし、

軽ければ腕や手首の負担になりにくいかもしれません。

 

 

 

こちらはセミナー受講後、新たに制作しました作品です。

 

 

実は、『かぎ針で編むワイヤーアクセサリーディプロマ講座』 4作品の中で、私が

『一番作り易そう \(^o^)/ 』と思ったのが、こちらの作品でした。

 

私は毎度、成形に時間がかかってしまうのですが、実際こちららの作品は、

編み上がればほぼ終了(*^-^)b

 

あとは編み地の形を整え、ビーズの片端に残る編み始めと編み終わりワイヤーの

処理(複雑な作業ではありません)をして、ブレスレットにするためのカン類と

アジャスターを付ければ完成です。

 

 

 

今回制作しました作品は、もしいつか・・・

 

私が講師活動を始めるかもしれない場合の、サンプル作品として使用する予定で

おりますので、現時点でイオンパワーパールの実体験のご報告が出来かねますが・・・。

 

 

 

効果の試験結果報告もされているそうですので、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひ

『かぎ針で編むワイヤーアクセサリーディプロマ講座』を受講なさって、ご制作から

お楽しみ頂ければと思います (^-^)

 

 

 

関連記事です。

『かぎ針で編む ワイヤーアクセサリーディプロマ伝達講座』を受講しました

 

KEI