ラジオ体操の正体? | セラピスト・ラプソディー♪ ~真の健康をめざして~
2005年06月28日(火)

ラジオ体操の正体?

テーマ:美容と健康

日本国内で『ラジオ体操』を知らない人は、まずいないと思います。

もうすぐ夏休み!・・・毎朝ラジオ体操に行って、ハンコもらって、皆勤の賞品ゲットの為ガンバって・・・夏の風物詩でもありましたよネ!

NHK放送で全国的に広まり、運動前・仕事前のウォームアップ、運動機能や精神機能の向上、運動後の整理運動など、最も手軽に取り入れられている運動です。


当方への来院者やメール相談の方の中に、「始業前のラジオ体操がきつくて出来ない!」「小学校でラジオ体操をすると身体が痛くなる!」といった訴えや相談があったりします。


そもそも『ラジオ体操』って、な~に??


ラジオ体操を柔軟運動だと思っている人が多いでしょうが、実は『ストレッチ運動』なのです!!

コレは振りをつけた(反動を利用した)動的ストレッチ運動バリスティック・ストレッチング(Ballistic Stretching)と呼ばれます。

【それに対して、普通にストレッチと呼んでいる静的ストレッチ運動は、スタティック・ストレッチング(Static Stretching)と呼ばれています。】


ラジオ体操は「健康な人が体調を維持する為」には良い運動方法ですが、反動をつけるストレッチ運動ですから、筋肉が硬くなっている人・筋肉や靭帯などの組織を損傷している人など、又病後などで体力が落ちている人には『きつ過ぎる』のです。

当方に来院される方の多くは筋肉の硬い方です。重度の方も少なくありません。

ですから、ラジオ体操(動的ストレッチ運動)はきつかったり、負担が掛かりすぎてしまい不調を訴える方もいらっしゃるのです。


自分の体調に合った運動をしなければなりません。

ラジオ体操がキツイ人は、まずラジオ体操が出来るように身体(筋肉)の状態を整えていかなければなりません。いつも書いているように「他の人と同じようにしなければ・・・」と思う必要はないのです。


・・・どうすればよいのか?


ストレッチ運動をするのなら・・・(コチラをご参考に!

①ストレッチは等尺性収縮後リラクゼーションのパターン運動後に行なう。

②等尺性収縮運動するのもキツイのならば、息を吐きながら出来る範囲で静的ストレッチをする。


・・・しかし、ラジオ体操がキツイようなら専門家に相談する必要もあると思います。


~take care~

dreamさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]