予定利率

テーマ:

 保険料は、『純保険料』と『付加保険料』に分けることができます。『付加保険料』は運営するためにかかるコストになります。

 

『純保険料』は将来の保険金の支払いにあてるお金で、死亡リスクに備える部分と満期保険金等の支払いのために運用する貯蓄部分に分けられます。

保険会社は、契約者から預かった保険料を運用で増やしています。この見込まれる利率のことを『予定利率』といいます。預金の金利と混同することがありますが、利息とは異なりますので注意しましょう。

 

『予定利率』が高いと保険料が安くなり、低いと保険料は高くなります。

 

『予定利率』は、掛け捨て部分にはほとんど影響がありません。将来支払いが見込まれる、給付金や死亡保険金、付加保険料は、掛け捨ての部分です。満期を迎えた時に生存している場合は、保険金の受け取りはありません。支払った保険料全体を運用しているわけではく、貯蓄部分に『予定利率』をかけることになります。

 

『予定利率』を決める基になる数値を『標準利率』といいますが、年々下がっています。今の時代は、流動性(必要な時は使うことができる)も考慮して、保険は「掛け捨て」、貯蓄は「自分で運用」も一つの方法だと思います。