中国政府による新たなチベット語教育の規制の中、新学期が始まる | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

中国政府による新たなチベット語教育の規制の中、新学期が始まる


新たな厳しい規制の下、青海省のチベット人居住地域の学校では、新学期を迎えた。ある地域では、子供たちは、中国の全寮制の学校へ通うよう命じられている。また、別の地域では、授業で使用する言語をチベット語から中国語に変更するよう命じられている。

 
レブコンでは、中国政府の命により、地元の小学校は閉鎖された。そして、両親の反対があるにもかかわらず、子供たちは遠く離れた全寮制の学校に通わなければならなくなった。
 
「親は、子供と両親が離れ離れにならないようにしてほしいと中国当局に嘆願しました。」
匿名の人物はこう語った。
 
「当局は聞く耳を持ちませんでした。それに抗議した人もいます。」
 
両親が抗議すると、警察は両親に弾圧を加えた。そして、親の1人は拘束された。
 
「抗議の現場にいた子供たちは大きな恐怖を覚えました。失神した子供もいます。」
 
その後、子供たちは強制的に全寮制の学校に行かされることになった。

【亀田浩史訳】
 

 

 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ