インドのダラムサラのメインテンプルにエレベーター設置。高齢のダライ・ラマに対する配慮か? | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ

インドのダラムサラのメインテンプルにエレベーター設置。高齢のダライ・ラマに対する配慮か?


インドのダラムサラにあるルクラカン僧院(通称ダライ・ラマ僧院)に初めてエレベーターが設置される。

 
3階建ての建物の左側にエレベーターを設置する工事が行われており、年末に完成予定だ。
 
今回の工事は、ダライ・ラマが、ティーチングの際に、30段の階段を昇ってメインホールに向かうのを避ける狙いがあるのではないかという声があがっている。チベット難民議員も、議会でエレベーターの設置を要求していた。
 
【亀田浩史訳】

元の英語記事はこちら
 
今年ダライ・ラマ法王に謁見した際は、少し体力が落ちているかなという印象はありましたが、全体的にはまだまだお元気だと思います。今年に入って、海外訪問や客人と会うのをかなり制限しているようですが、負担がないように周囲の方が気を使っていただきたいです。
 
 

 

 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ