先月中国当局に拘束されたチベット人が行方不明に | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ

先月中国当局に拘束されたチベット人が行方不明に


10月初めに中国警察に拘束されたチベット人ラダル(36)と連絡が取れなくなっている。留置所からも姿を消している。

 
「逮捕理由は『国家分裂扇動罪』ではないかと思います。」
匿名の人物はこう語った。
 
「ラダルは、中国政府のチベット弾圧政策に強く反対していました。特に、再教育(訳注:中国政府が正、ダライ・ラマが悪という教育)やチベット人に対する規制に反対していました。」
 
「彼は、チベット内外のチベット人の団結をつねに口にしていました。また、ダライ・ラマのチベットへの帰還も求めていました。そのため、中国警察の『ウォッチリスト』に入っていました。」
 
ダラルは、中国政府の「愛国的再教育」に抗議し、当局と衝突していた。そして、彼は逮捕され、殴られた。
 
「彼はその後釈放されましたが、彼の動きは制限されていました。」

【亀田浩史訳】
 

 

 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ