チベット人学生が学校でチベット語で教育を受けられるよう中国政府に嘆願 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年06月14日(木) 11時04分02秒

チベット人学生が学校でチベット語で教育を受けられるよう中国政府に嘆願

テーマ:チベットニュース

中国青海省のチベット人学生が、中国語ではなくチベット語で指導ができる教師を増やすよう求めた。新たに雇われた教師359人のうち、中国語とチベット語の両方ができる教師は1人もいないという。

青海省ツォシャル在住のチベット人学生は、中国語で書かれた嘆願書を地方当局に送った。ツォシャルのヤジとパルンでは、9800人の学生がいるが、チベット語で指導ができる教師は270人しかおらず、チベット語で教えられる教師を増やすよう求めた。

 
ヤジの学校では、14人の教師のうち10人が代理教員で訓練を受けていないとも書かれていた。
 
「ツォシャルの教師の能力が十分でない現実を考えると、当局が、バイリンガル教師を雇わないのは理解できません。」
書簡にはこう記されていた。
 
「言語の平等なくして、どうして民族の調和と平等が成り立つのでしょうか?」
 
【亀田浩史訳】
 

 

 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。