チベット語を啓蒙したチベット人タシ・ワンチュクに中国当局が懲役5年の判決 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年05月24日(木) 11時04分02秒

チベット語を啓蒙したチベット人タシ・ワンチュクに中国当局が懲役5年の判決

テーマ:チベットニュース

22日、中国青海省の裁判所がチベット語活動家タシ・ワンチュク(33)に懲役5年の判決を下した。「国家分裂扇動罪」だという。これを受け、海外の政府や人権団体から、中国政府が民族の自治を守るという法を無視ししているとの声があがっている。

判決は青海省ユルシュルで出された。アメリカのニューヨークタイムズが、ワンチュクがチベット語の保存と啓蒙の努力を報じたことを受け、ワンチュクは起訴された。

 
ワンチュクは2016年1月に逮捕された。ニューヨークタイムズの報道から2か月後のことであった。これまでの拘束期間は、懲役刑の期間の一部にあてられると思われる。
 
ニューヨークタイムズは、ワンチュクの弁護士 Liang Xiaojun と Lin Qilei の声を紹介した。それによると、ワンチュクは今回の判決を受け、上告する計画だという。また、今回の裁判を傍聴できる家族は2人に制限されていたという。
 
インドのダラムサラのチベット亡命政権、アメリカ政府は、ワンチュクの即時釈放を求めた。
 
チベット亡命政権ロブサン・センゲ首相は、「中国の憲法の下で、チベット人が自身の言語を啓蒙したことが有罪となることは、滑稽」と述べた。
 
「今回のことは、チベット人に基本的人権がないことを示しています。」
 
アメリカのヘザー・ナウアウト国務省報道官は次のように声明で述べた。
「チベット語を教えるために政府に要望をするという基本的人権の行使により有罪になったことに、大いに失望しています。」
 
「中国政府に対し、タシ・ワンチュクの即時釈放を求めます。また、チベット人の宗教、文化、言語を守ることも求めます。」

【亀田浩史訳】
 

 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。