チベット人の子供と両親がチベット仏教の儀式に参加するのを中国当局が禁じる | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年05月21日(月) 11時04分02秒

チベット人の子供と両親がチベット仏教の儀式に参加するのを中国当局が禁じる

テーマ:チベットニュース

チベットのチャムドの中国当局が、チベットの聖なる月サカダワに行われる儀式へのチベット人の子供と両親の参加を禁止する命令を出した。この命令を無視した場合は、罰則があると当局は脅迫している。

5月14日に出されたこの通達はソーシャルメディアでも広まっている。

 
「子供が学校を休んで、密かに僧院や儀式に参加していた場合、家族は教育部局に通報されることになる。」
 
通達によると、子供の「クリティカル・シンキング」の能力を高めるため、子供は宗教の影響を受けるべきではないとしている。また、両親や世話人もサカダワの儀式に参加してはならないという。
 
「この命令に従わないものには対応がなされる。」
通達にはこう記されている。
 
 
「新しいことではない」
 
西洋在住のチベット難民の学生によると、僧院に行くのを禁じる通達は「新しいことではない」という。
 
「私が現地の学校にいた時も、同様の通達が出されました。」
 
「しかし、両親も子供も通達のことは気にせず、儀式に参加していました。」
 
「サカダワの期間、すべての子供にスパイ活動を行うべく警察を大量投入するのでしょうか?」
 
ラサ在住の教師によると、僧院訪問禁止の通達は学校の教師やスタッフにも出されているという。
「しかし、自分でマントラを唱えることができます。」
 
サカダワの初日にあたる5月16日、ラサでは、「通常ではありえないほど多くの」チベット人がバルコル周辺で祈りを捧げたという。
 
「中国当局の規制にかかわらず、サカダワの間、チベット人の祈りなどの活動は妨げられることはありません。」
 
【亀田浩史訳】
 

 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。