中国当局に押収された土地の返還をチベット人が求める | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年05月15日(火) 11時04分02秒

中国当局に押収された土地の返還をチベット人が求める

テーマ:チベットニュース

チベットのラサ近くにあるニェモのチベット人遊牧民約60人が中国当局に押収された草原の返還を求めた。当局は、土地を観光目的に使うとして押収していた。

ニェモのマルタン町ラドゥル村の土地は、フェンスで囲われている。人々はもはや作物を育てることはできない。

 
「中国当局は、観光開発プロジェクトを開始しました。」
匿名の人物はこう語った。
 
「約60人のチベット人遊牧民の家畜は、この土地で暮らしてきました。」
 
「土地がなくなれば、生活の糧を奪われます。」
 
インターネットに投稿された動画を見ると、人々が、当局上層部に対して、土地の返還を求めていることがわかる。
 
昨年にも土地の囲い込みが行われたことがある。このとき、多くの家畜が死んだ。
 
「昨年、数千の羊と山羊が死にました。他の家畜も数百が餓死しました。家畜の死はチベット人にとって経済的な大打撃となります。」
 
「当局は何の補償もしていません。」
 
「家畜がなくなり、人々はこの上ない困難に直面しています。」
 
 
逮捕の脅迫
 
村や町の指導者は中国当局から任命されており、チベット人は意思決定に参加することができない。
 
中国当局の高官が現地を訪問した際、地方当局の役人は、嘆願をすれば逮捕するとチベット人を脅迫した。
 
「役人は、土地は中国共産党のものだと言っています。そして、開発計画の下、土地を押収する権限があると言っています。」
 
「人々は当局上層部に嘆願するため、押収された土地の動画をつくりました。人々は誠意ある対応を求めています。」

【亀田浩史訳】
 
 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。