ラサへ巡礼へ向かっていたチベット人女性が中国当局から尋問された後行方不明に | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年04月17日(火) 11時04分02秒

ラサへ巡礼へ向かっていたチベット人女性が中国当局から尋問された後行方不明に

テーマ:チベットニュース

今月ラサへ巡礼に向かっていたチベット人女性ラモ・ドルカ(60)が道中で中国警察から呼び止められた後、行方不明となった。

ラモ・ドルカは、3月28日、親族とともに、故郷の甘粛省カンロチベット自治州サンチュのボラを発った。

 
一行は一週間後、青海省ゴロクチベット自治州のダルラクに到着した。そこで、中国私服警察がラモ・ドルカを尋問のために連行した。
 
「その後、ラモ・ドルカの状況はわからなくなりました。行方不明です。」
インドのダラムサラのチベット亡命政権のンガワン・タルパ議員は、こう語った。
 
「中国公安は、ラモ・ドルカの親族に対し、ラモ・ドルカの拘束を公にすれば、ひどい結末が待ち受けていると警告しました。」
 
別のチベット人からの情報によると、ラモ・ドルカの拘束は、6年前に、ラモ・ドルカが刑務所の政治犯を訪ねたことに関係があるとみられる。
 
「2012年、僧侶センゲ・ギャツォが、ボラの通りで、ダライ・ラマ法王のチベットへの帰還を求めて、抗議活動を行いました。中国警察はセンゲ・ギャツォを逮捕、投獄しました。ドルカ・ラモは、食べ物を持ってセンゲ・ギャツォを訪ねました。それ以降、中国当局は、ドルカ・ラモの行動を規制し始めました。」
 
「中国当局は、ドルカ・ラモの一挙手一投足を監視していました。過去にチベット人の抗議活動が起きた3月10日やダライ・ラマ法王の誕生日に彼女が外出すると、当局は彼女に尋問を行いました。」
 
「ラモ・ドルカは普通のチベット人女性です。教育を受けたことはなく、政治にはあまり関心がありませんでした。」
 
【亀田浩史訳】
 

 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。