映画を製作して中国当局から6年間投獄されたチベット人映画監督がアメリカ政府の役人と会談 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年02月14日(水) 11時04分02秒

映画を製作して中国当局から6年間投獄されたチベット人映画監督がアメリカ政府の役人と会談

テーマ:チベットニュース

12日、昨年末にアメリカへの亡命に成功したチベット人映画監督ドンドゥプ・ワンチェンが、ワシントンでアメリカ政府の役人と面会した。

ワンチェンの苦境を報じてきたスイスに拠点を置くNGO Filming for Tibet は、SNS で、ワンチェンが役人と面会したことを伝えた。

 
ドンドゥプ・ワンチェンは、スコット・バスビー、マイク・コザック、ローラ・ストーンらと面会した。International Campaign for Tibet のマテオ・メッカシ代表、Filming for Tibet のジャミアン・ツルティム、デチェン・ペンバも同席した。
 
「役人たちは、ワンチェンの人生、チベットの状況に強い関心を持っていました。ワンチェンは、チベット人は自由への闘いを諦めていない、と語りました。」

【亀田浩史訳】

元の英語記事はこちら
 
 

 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス