海外の親族と連絡を取った疑いでチベット人が中国警察に拘束され、殴られる | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年08月12日(土) 21時04分02秒

海外の親族と連絡を取った疑いでチベット人が中国警察に拘束され、殴られる

テーマ:チベットニュース

チベット自治区チャムド当局が、先月、チベット人ジャンパ・チュギャル(30)を殴り、2日間拘束した。海外とコンタクトを取った容疑だ。

中国当局による通信規制のため、このニュースが海外に伝わるのが遅れた。

 
チュギャルは、チュワル僧院で行われたツェチョク祭に出席した際に警察に拘束された。
 
「彼は祭に参加中に役人から電話を受け、ノルトム街の役所に出頭するよう命じられました。」
 
「彼は到着すると、直ちに拘束され、殴られました。」
 
チュギャルはダギャブ県の警察署に連行され、2日間拘束された。役人は、チュギャルの親族のンガワン・ジャンパについて繰り返し尋問した。ジンパは最近、チベットからインドへ亡命し、その後、オーストラリアに渡っていた。
 
「チュギャルは、家族にジンパを連絡を取った人物がいるかどうかについても尋問されました。」
 
「しかし、警察はチュギャルがジンパと連絡を取った具体的な証拠をつかめなかったため、チュギャルを釈放しました。」
 
当局は、チュギャルの携帯電話を押収し、数日後に取りに来るよう命じた。
 
「当局は、ジンパが『ダライ一味』に積極的に協力していると見ていました。」
 
「当局は、チュギャルに対し、身の安全のため、ジンパと連絡を取らないよう警告しました。」

【亀田浩史訳】
 

【8月24, 25日】

ダラムサラを訪ねるスタディーツアー
 
 
 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス