チベット僧が中国当局から説明もなく拘束される | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年08月12日(土) 11時04分02秒

チベット僧が中国当局から説明もなく拘束される

テーマ:チベットニュース

21日、中国四川省警察がチベット僧トゥルク・ロブサンを説明もなく拘束した。友人はロブサンの居場所がわからず、心配している。

ロブサンは、カルゼチベット自治州セルシュルのボレ僧院の僧侶だ。

 
「警察は、ロブサンをダルツェドの事務所に呼び出しました。ロブサンが到着すると、私服警察がロブサンを拘束しました。」
匿名の人物はこう語った。
 
「拘束に対する説明はありません。」
 
僧侶たちは、ロブサンの無事を祈って祈りを捧げている。年配の僧侶やコミュニティの代表者がダルツェドに出向き、ロブサンの釈放を求めたが、拒否された。
 
ロブサンの現在の状況、拘束理由は不明だ。
 
【亀田浩史訳】
 

【8月24, 25日】

ダラムサラを訪ねるスタディーツアー
 
 
 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス