チベット難民が劉暁波に祈りを捧げる。焼身自殺をはかったテンジン・チュインの回復も祈る | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年07月24日(月) 11時04分02秒

チベット難民が劉暁波に祈りを捧げる。焼身自殺をはかったテンジン・チュインの回復も祈る

テーマ:チベットニュース

21日、インドのダラムサラのツクラカン僧院で、チベット亡命政権が劉暁波の法要を行った、また、今月焼身自殺をはかったテンジン・チュインの回復も祈った。

ロブサン・センゲチベット亡命政権首相は、劉暁波は中国政府とダライ・ラマの対話を求める12条の嘆願の署名者の1人であったと語った。

「劉暁波氏は、ダライ・ラマの中道政策を支持してきました。さらに、中国政府とダライ・ラマ法王特使との対話がチベット問題の最善の解決策であるとして、対話を求めていました。」
 
「劉暁波氏はチベット問題の解決とダライ・ラマ法王のチベットへの帰還を求めていました。チベット人政治犯だけでなく、劉暁波氏夫婦にも祈りを捧げ、心を一つにすることが非常に重要です。」

また、バラナシで焼身自殺をはかったテンジン・チュインの容態は悪化している。ロブサン・センゲ首相は、チュインの火傷は体の90 %に及んでいると語った。チベット青年会議もチベット子供村デイスクールで、チュインの回復を祈る儀式を行った。
 
ロブサン・センゲ首相は次のように語った。
「チベット内外のチベット人に対し、焼身自殺を控えるよう求めてきました。600万人のチベット人の命は重要だからです。激しい弾圧に見舞われた人たちが焼身自殺へ向かう気持ちは理解できます。しかし、それでも、焼身自殺を控えるよう求めます。亡命先にいるチベット人は、自らの命を犠牲にしないような他の方法で抗議することができます。」
 
【亀田浩史訳】
 

【8月24, 25日】

ダラムサラを訪ねるスタディーツアー
 
 
 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス