エジプト警察がウイグル人学生200人以上を拘束。中国警察がエジプト入り。 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年07月22日(土) 11時04分02秒

エジプト警察がウイグル人学生200人以上を拘束。中国警察がエジプト入り。

テーマ:今世界で起きていること

7月第1週、エジプトのカイロで暮らすウイグル人学生をエジプト警察が拘束した。拘束は、レストラン、自宅、空港などで行われた。

 
7月4日以降、少なくとも200人が拘束された。
 
「全員が学生です。」
匿名の女性はこう語った。
 
「連行された学生を1人知っています。マスジッド・ムサという名前です。」
 
「彼はエジプトに滞在するための合法的な書類を持っています。しかし、警察は書類のありなしに関係なく、拘束しました。」
 
「ウイグル人は即座に拘束されるでしょう。」
 
トルコへ出国しようとしていたアブドゥガッパルという学生も空港で拘束されたという。
 
「彼は、アル・アザル大学の学生で、妻と2人の子供がいます。過去数か月間に中国に戻った人々は行方不明になっていたため、彼はトルコに出国しようとしていました。」
 
「中国に送還されれば、刑務所行きです。」
 
「ウイグル人がカイロ空港で拘束されていると聞きました。中国武装警察もその場にいたということです。」
別の匿名の学生はこう語った。
 
「亡命ウイグル人の指導者にトルコ政府と国際人権団体に連絡をとっていただき、私たちを助けていただきたいと思います。」
 
別のウイグル人学生は、空港で警察にパスポートを押収され、ホールで拘束されたという。
 
「空路でエジプトに戻って来たばかりの学生20人ほどがここにいます。」
 
「警察は私たちを監視し、中国へ強制送還すると警告しています。」
 
アレクサンドリアの空港では、別の80人が拘束されているという。さらに、トルコ行きのフライトを待っていた別の24人も拘束されているという。
 
 
逃走
 
拘束を逃れた学生は身を隠している。1人のウイグル人の母親は、2人の子供とともに身を隠していた。
 
「私たちが家を去った時、家周辺を監視している人がいました。彼らは、小さな窓付きの黒い車に乗っていました。その後、彼らは人々を拘束していました。」
 
「拘束された人々は全員ウイグル人でした。拘束した側の人は、中国政府から派遣されたと思います。」
 
身を潜めている別の学生は、アル・アザル大学の博士課程で学ぶ兄が拘束されたと語った。
 
「私は今、妻と3人の子供とともに逃げています。」
 
「兄は留置所から電話してきました。その留置所には200人のウイグル人学生が拘束されているということです。」
 
「食べ物もないまま数日間逃げています。」
 
「私たちは有効なピザとパスポートを持っています。しかし、空港には行けません。食べ物を買いに市場に行くことも、車のガソリンを入れることもできません。ウイグル人は犯罪者で見かけたら通報するようエジプト人には警告が出ています。」
 
 
強制署名
 
友人が拘束されているという別の学生によると、拘束された学生は、中国外でウイグル分裂活組織に参加したという書類に強制的に署名させられたという。
 
「署名しなかった学生もいます。」
 
「警察は学生の指紋を取りました。」
 
また、エジプト在住のウズベキスタン人学生によると、カイロのウイグルレストランに警察が突然やって来たという。
 
「10~20人の学生がレストランにはいました。警察は全員を連行しました。」
 
「レストランには、キルギス人とウズベキスタン人もいましたが、警察は彼らには見向きもしませんでした。ウイグル人だけを連行しました。」
 
ワシントンのエジプト大使館にコメントを求めると、担当者もメディアが持っている以上の情報はないと語った。
「この件について、話す権利がありません。これ以上のことは言えません。」
 
ミュンヘンに拠点を置く世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁は、国際社会に対し、ウイグル人の強制送還を防ぐよう求めた。
「この問題の進展を、2, 3か月間、見守って来ました。」
 
「すべてのウイグル人組織に対し、エジプトで拘束されているウイグル人を助けるよう求めます。」
 
 
「大きな懸念」
 
国際法では、本国に戻った際に迫害を受ける可能性がある人々が送還されないよう規定している。
 
ヒューマン・ライツ・ウォッチのソフィー・リチャードソン中国ディレクターは次のように語った。
「中国政府の法的に根拠のない圧力を受けて、エジプト政府がウイグル人を強制送還することを大いに懸念しています。」
 
6日、少なくとも36人の強制送還手続きが行われている。
 
【亀田浩史訳】
 

【8月24, 25日】

ダラムサラを訪ねるスタディーツアー
 
 
 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス