ダライ・ラマの写真を保持していたチベット人の若者が中国警察に拘束される | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年06月18日(日) 11時04分02秒

ダライ・ラマの写真を保持していたチベット人の若者が中国警察に拘束される

テーマ:チベットニュース

中国青海省在住のチベット人の若者が警察に2週間以上拘束され、その後釈放された。ダライ・ラマの写真を所持していたためだ。

この若者は、青海省ゴロクの茶店で拘束された。若者は写真を携帯電話に保存していたが、写真を保持する権利があると主張した。

 
「私は忠実なチベット仏教徒であり、ダライ・ラマ法王を敬っています。」
この匿名の若者はこう語った。
 
「ダライ・ラマ法王の写真の所持が違法だという主張は受け入れられません。」

この若者は、チベット旗の画像も所持していた。
 
「15日間の拘束中、警察は、写真の所持について尋問しました。特に、チベット旗について尋問してきました。」
 
 
「大問題」
 
警察は、若者に対し、中国外のメディアのニュースを見聞きしないよう警告した。また、そのニュースをシェアしないようにとも警告した。
 
「写真を再び所持した場合は、大問題になるとも警告されました。」
 
【亀田浩史訳】
 

【8月24, 25日】

ダラムサラを訪ねるスタディーツアー
 
 
 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス