中国政府に抗議して10年間投獄されたチベット人が釈放される。拷問で歩けないほど健康状態悪化 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年05月05日(金) 11時04分02秒

中国政府に抗議して10年間投獄されたチベット人が釈放される。拷問で歩けないほど健康状態悪化

テーマ:チベットニュース

中国四川省当局がチベット人ジャンパル(45)を釈放した。ジャンパルは2008年に中国政府に抗議したとして、懲役13年の判決を受けていた。刑期を3年残しての釈放であったが、ジャンパルの健康状態は悪化している。

ジャンパルは4月30日、蘭州近郊のバイイン刑務所から釈放され、翌日午前11時頃にナンマ・ツァンコル村にある自宅に戻った。

「多くのチベット人がジャンパルを祝福しました。」

匿名の人物はこう語った。
 
2008年3月にツェリマ街で中国政府に対する抗議活動を率いた後、ジャンパルは、3月14日に拘束され、マチュ県刑務所で8か月間拘留された。
 
「その後、懲役13年の判決を受け、バイイン刑務所に身柄を移されました。」
 
ジャンパルは刑務所で拷問を受け、足や頭を飛翔し、歩行もままならない。
 
バイイン刑務所まで出迎えに行った家族によると、ジャンパルは「細くなり、衰弱していた」という。知人も本人だと認識でいない状態であったという。
 
「ジャンパルは健康状態は悪化していたものの、当局や他の囚人に対し、友好的に振る舞っていました。このため、3年の刑期を残して釈放されたのです。」
 
ジャンパルと同時にラキャブというチベット人も拘束されたが、ラキャブは8年間の投獄の末、すでに釈放されている。
 
【亀田浩史訳】
 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス