チベット人焼身自殺者の遺体が中国当局に渡るのを防いで4年間投獄されたチベット人女性が釈放される | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2017年05月03日(水) 11時04分02秒

チベット人焼身自殺者の遺体が中国当局に渡るのを防いで4年間投獄されたチベット人女性が釈放される

テーマ:チベットニュース

チベット人焼身自殺者の遺体が中国警察の手に渡るのを阻んで4年間投獄されたチベット人女性ツェドゥプ・キ(32)が釈放された。キの健康状態は非常に悪い。

キは4月5日に釈放され、午後11時頃に四川省ンガバの自宅に戻った。

 
「家族や親族を含む200人以上がキを出迎えました。」
匿名の人物はこう語った。
 
「拘束により、キの健康状態は悪化しています。投獄中の1年間は、刑務所の病院で過ごしていました。」
 
「釈放時、キは、治療代として3万元を請求されました。」
 
「キは、獄中で、多くの困難に直面しました。」

中国当局による通信遮断のため、キ釈放のニュースが海外に伝わるのが遅れた。
 
キは、2012年12月3日のロブサン・ゲンドゥンの焼身自殺に関与したとして有罪となった。
 
「ロブサン・ゲンドゥンが焼身自殺を遂げた後、キはゲンドゥンの体を抱きしめ、祈りを捧げ、チベットの自由とダライ・ラマのチベットへの帰還を求めました。」
 
「キはその後拘束され、懲役4年の判決を受け、ミアンヤン刑務所に収容されていました。」
 
【亀田浩史訳】
 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス