インドの高額紙幣の無効化がチベット難民のビジネスにも大打撃 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2016年11月17日(木) 11時12分43秒

インドの高額紙幣の無効化がチベット難民のビジネスにも大打撃

テーマ:チベットニュース

500ルピー札と1000ルピー札の無効化が、インド全土の小売業に影響を及ぼしている。セーターを売って生計を立てているチベット人にも影響が及んでいる。

 

セーター業者によると、北インドの温暖な天候もビジネスに悪影響を与えているという。

 

「大問題です。無効化された紙幣を受け取れば違法です。しかし、無効化された紙幣を受け取らなければ、ビジネスが成り立ちません。客が旧紙幣しか持っていない場合、受け取ることができないのです。」

グルラートのパランプールでセーターを売っているテンジン・ミンゲイはこう語った。

 

ルクナウとカンプールの業者も同様の問題に直面しているという。

 

ウッタル・プラデシュ州のバレイリーでビジネスをしているテンジン・ケンチョクも同様の状況を口にした。まわりに人がいるため、密かに旧紙幣を受け取ることは論外だという。

 

「ビジネスは順調でした。しかし、突然紙幣が無効化され、気温も上がり始めました。」

 

銀行での新紙幣の引き出し額には上限があるため、客は必要最小限のものしか買わなくなっているという。

 

Confederation of All India Traders (CAIT) によると、高額紙幣の無効化後、インド全土のビジネスは25 %減少したという。

 

現金が市場で不足する中、オンライン業者は好調だ。人々が、ネットバンキングやクレジットカードで買い物をするためだ。

 

11月8日に発表されたモディ首相による500ルピーと1000ルピーの無効化は、ブラックマネーの撲滅が目的だ。政府は旧紙幣と新紙幣の交換および旧紙幣の預金を12月30日まで受け付けるとしているが、インド全土の銀行と郵便局で長蛇の列ができている。

 

【亀田浩史訳】

 

元の英語記事はこちら

 


 

【12月9日まで】

年末にインドの高額紙幣が無効になります!

紙くずになる前に寄付をお願いします!

 

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

にほんブログ村

 

 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス