中国船がベトナム巡視船に故意に体当たり、放水。アメリカが中国の対応を非難 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2014年05月08日(木) 19時04分02秒

中国船がベトナム巡視船に故意に体当たり、放水。アメリカが中国の対応を非難

テーマ:今世界で起きていること



中国船がベトナム沖でベトナム巡視船に体当たりして放水したという。ベトナム巡視船は、南シナ海で中国側が石油採掘のための装置を設置するのを阻もうとしていた。7日、ベトナム政府が明かした。当地では緊張が高まっている。

この3日間で、少なくともベトナム人6人が負傷し、数隻のボートが損害を負った。先週、ベトナム沖220kmの海域で中国船が、石油採掘装置を設置した。この海域は、ベトナム、中国両国が領有権を主張している。

現在、パラセル(西沙)諸島では、両国の海軍の軍艦・巡視船数十隻が睨みをきかせている。この件で、中国政府はベトナム船が領海侵犯を行っていると非難しているが、これについてアメリカは懸念を抱いている。

ベトナム巡視船副長官ンゴ・ンゴク・トゥは、ハノイで記者会見を行い、中国船がベトナム船に故意に衝突したと述べた。トゥは、中国が挑発を繰り返せば、ベトナムは自衛権を行使すると警告した。

「海軍警察と漁業保護船は最大限の自制を行い、問題海域でとどまります。」

「しかし、中国船が衝突を繰り返せば、自衛的措置を取ります。」

トゥは、ベトナム船が中国船から体当たりされ、強力な放水を浴びせられている映像を示した。

中国側は、軍艦を含む80隻の船を当海域に送り込んでいる。空軍も出動しているという。


議論のある海域

今月1日、中国側は石油採掘装置を設置し、この地点から半径4.8kmに外国船が立ち入ることを禁じると述べた。

ベトナム外務省は、中国側の行動を、違法でベトナムの排他的経済水域への侵入だとして非難し、中国側に撤退を要求した。

ベトナム・中国両国はパラセル諸島およびその周辺海域の領有権を主張している。

7日、中国外務省の華春瑩報道官は、当海域での採掘は「通常の行動で、合法」と述べた。

「ベトナム側の破壊活動は、中国の主権の侵害です。」


アメリカの懸念

今回の事件を受け、アメリカ国務省は懸念を表明し、中国側の採掘装置設置を非難した。

「南シナ海の緊張の歴史を考えれば、中国側が一方的に当海域に採掘装置を設置する決定は、挑発的であり、当海域の平和と安定に寄与するものではありません。」
アメリカ国務省のジェン・サキ報道官はこう述べた。

アメリカのジョージ・メイソン大学のベトナム政治科学のンギュエン・マン・フン教授は、中国とベトナムの間の緊張はかつてないほどに高まっており、武力衝突の懸念があると述べた。

「両国の過去のどのような状況と比較しても深刻な状況です。」

「これは、2国間の衝突です。当領域の安全を脅かすものです。」

「状況は悪化する懸念があり、武力衝突に発展する可能性もあります。」

「今回の衝突事件に対し、ベトナムはすぐさま強い対応を取るでしょう。そうしなければ、パラセル諸島に関する主張を失う可能性があるからです。」

「ベトナム側はこの問題を周知し、海外からの支援を呼びかけるでしょう。」

今回の衝突事件は、中国とフィリピンの緊張が高まっている最中に起きた。

7日、フィリピン政府は、南沙諸島の半月礁で、中国船の乗組員11人を拘束した。絶滅危惧種のウミガメを捕獲したためだという。中国政府は、フィリピン側の対応が「挑発的」であるとし、乗組員の釈放を求めている。

中国政府は南シナ海のほぼ全域を領海と主張している。しかし、ベトナム、フィリピン、台湾、マレーシア、ブルネイはこれに抗議している。

アジア諸国は、南シナ海での衝突を回避すべく、中国側に行動規範に従うよう求めている。

【亀田浩史訳】

元の英文記事はこちら



ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ


にほんブログ村


TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス