チベット人焼身自殺者に祈りを捧げたチベット僧2人に懲役3年の判決 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2013年06月04日(火) 21時04分02秒

チベット人焼身自殺者に祈りを捧げたチベット僧2人に懲役3年の判決

テーマ:チベットニュース



チベットでの焼身自殺に関与した「犯罪者」への弾圧が続く中、2人のチベット僧に懲役3年の判決が出された。2人は、昨年11月に焼身自殺を遂げたワンチェン・ノルブ(25)に祈りを捧げたことが罪に問われた。

2人の僧侶は、ツゥンドゥー(27)とゲンドゥン・ツルティム(30代)だという。両名とも東チベットのツォンコンのカンツァのビド僧院の僧侶だ。判決が出されたのは3月8日だという。2人に弁護士は付けられず、家族にも裁判の状況は知らされなかった。

ツゥンドゥーは、僧院でワンチェン・ノルブへの祈りの会を主催したことが罪に問われた。

また、ゲンドゥン・ツルティムは、祈りに儀式に主席する僧侶のためにバスを手配したり、寄付を集めたことが罪に問われた。

Phayulは2人の逮捕を1月に確認していた。

ワンチェン・ノルブは、2012年11月19日、カンツァ・ガンデン・チュペル・リン僧院そばで焼身自殺を遂げた。

彼は、ダライ・ラマのチベットへの帰還と、パンチェン・ラマの釈放と、チベットの自由を求めていた。

彼の黒焦げになった遺体は僧院へ運ばれた。僧院では多くの人々がダライ・ラマのチベットへの帰還を求めるスローガンを叫び、ダライ・ラマの長寿を祈った。

ツンドゥーとゲンドゥン・ツルティムは、焼身自殺の後、ワンチェン・ノルブの家を訪ねていた。

ワンチェン・ノルブと心を一つにするため、多くの人々が彼の家を訪問した。中国治安部隊は、ワンチェン・ノルブの家を訪れた人を逮捕したが、ツンドゥーとゲンドゥン・ツルティム以外は釈放されたという。

【亀田浩史訳】

元の英文記事はこちら




応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ


にほんブログ村



TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス