2013年04月05日(金) 09時24分02秒

チベット人女性が焼身自殺。2011年以降チベット本土で114人目。震災後立ち退きを強要されたため

テーマ:チベットニュース



チベット人女性が中国青海省で焼身自殺を行った。当地を襲った大震災の後、中国当局が彼女の家を含む家屋約1000戸を破壊したためだ。

この焼身自殺は先週起きたという。家を破壊しに来た労働者が発見したという。アメリカ在住のチベット人からの情報だ。

「家からの強制立ち退き、農場の押収に抗議して、チベット人女性が1週間前に焼身自殺を行いました。」
匿名の人物はこう語った。

駆け付けた人々により速やかに消火が行われたため、「命に別状はない」という。

今回の焼身自殺により、チベット本土で中国のチベット政策に抗議して焼身自殺を行った人は115人となった。ほとんどの人々が、ダライ・ラマのチベットへの帰還も求めていた。

焼身自殺を行った女性は、青海省ユルシュルのキェグド在住のンゴドゥブの義理の娘だという。

家屋の強制破壊に対する抗議の声が上がる中、ンゴドゥブの家が破壊されたかどうかは現時点では確認できていない。


進まぬ復興

また、当地ではゴゲイというチベット人も焼身自殺を計画していたという。中国政府による土地の押収に抗議してのことだ。

キャグドは、2010年4月14日、大震災に見舞われた。公式発表では、死者は3千人にのぼっている。

キェグドの復興は遅く、7月までかかる見込みだという。

「建物の再建築により、リシュグルとユルシュル学校裏の人々は強制立ち退きさせられています。」

「中国当局は、チベット人の住居を破壊し、代わりにテントを建てています。破壊に抗議する人は殴られ、拘束されています。」


明確な格差

上記とは別の人物もチベット人の住居の破壊を訴えている。自分の資金で家を再建している人もいるという。

「中国当局は、強制的にチベット人の家屋を破壊しています。彼らは、チベット人に対し、ここに住む登録がなされていないと主張しています。」

政府による土地の乗っ取りは、2日に始まったという。

「キャグドのチベット人家屋千戸が強制的に破壊されました。多くのチベット人が所有物も回収できませんでした。あっという間に家が破壊されたのです。」

震災後、中国政府のために建てられた建物とチベット人のために建てられた建物の間には「明確な格差」があるという。

「中国政府の建物は広く、質もよいです。一方、チベット人の新住居は再建から1年半ほどで改装が必要な状態です。」

「チベット人は、再建後の劣悪な家屋の状態に繰り返し抗議しています。」

【亀田浩史訳】

元の英文記事はこちら




応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ


にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。