隣国にある被爆者推定100万人超の地域 | 【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
2018年08月09日(木) 11時04分02秒

隣国にある被爆者推定100万人超の地域

テーマ:今世界で起きていること
お隣中国のウイグル自治区では、1964年以降、繰り返し核実験が行われました。

札幌医科大学の高田純教授は著書において、核実験が原因で、19万人が死亡、白血病等のリスクが高い人は129万人にのぼっていると推定しています。

今なお、ウイグルでは原爆症で苦しんでいる人々がいます。しかし、中国政府はこの事実を認めていません。したがって、原爆症患者が適切な治療を受けることは容易ではありません。中国政府が原爆症の事実を認めないため、第三者機関が調査を行うこともできません。 調査ができないので、正確な犠牲者の数も不明です。

この状況を世界に知らせようとした1人がウイグル人医師アニワル・トフティです。彼は、医者として成功しており、何もしなければ裕福な暮らしを送れていたと思われます。しかし、彼は、身の危険を冒して、原爆症に苦しむウイグル人の撮影を行い、亡命して、その映像を発表したのです。この映像は、世界83か国のメディアが報じました。しかし、残念ながら、日本はこの83か国には入っていません。

機会があったら、アニワルの映像も見てみてください。

ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ



 

TOEIC990点満点の難民支援NGO代表@名古屋:亀田浩史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス