買い物に行った
イオンのおもちゃ売り場で見つけて
つい 買ってしまいました


トリケラトプス。



今年24歳になる長男は、

幼稚園児のころ 恐竜に夢中になり


図鑑を毎日 見ているうちに

カタカナを読めるようになり

くもんの恐竜カードは

紙芝居のように絵だけ見せると

全部名前を言えました


天才なんじゃないかと思ったよね

のちに、子どもってみんなそうだと知りましたが(^^;;


映画『ジュラシックパーク』は

当時はまだ刺激が強すぎて

見せられませんでしたが

(恐竜をキライになっちゃいそうだし‥)


Eテレで

BBC制作のような特集番組があれば

必ず見ていましたし、


福井県勝山市にある恐竜博物館


にも

はるばる連れて行きました




2000年7月に開館したそうですが

私たちが行ったのは2003年なので

まだ出来たばかりだったんですね


当時は長男が5才、次男が3才でしたが

大きくなった今

その時はまだ生まれていなかった

三男(もう16才ですが) も連れて

もう一度行ってみたいです



さて、

このトリケラトプスのように

息子たちが小さい頃に好きだったものは

普段からなんとなく目についてしまいます



先日、Twitterのトレンドにあった、

 

 

要約すると

還暦近いお母さんに

知ってるポケモンを訊いたら

全部 じぶんが小さい頃

自由帳にお絵描きしていたものだった


というツイートに対して、


『泣いた』

『感動ストーリー』

『いい話』


という反響があったという記事。
お母さん側の立場からすると
・・・

"あるある"
ですよね (^_^;)


子どもが小さい頃に
好きだったもの、
仲良しだったお友達の名前、など

子どもの方は通過点なので 
忘れてしまっているけど
親側は かわいかった言動とともに
いつまでも覚えているものです


この間は
働いているコンビニで、
お母さんとレジに来られたお子さんが
握りしめていた恐竜のフィギュアを見て

『パラサウロロフスが好きなんですか?』

と声をかけたかったけどやめました(^_^;)
このテのフィギュアも、
トイザらスでよく探したなぁ‥


お読みいただき
ありがとうございました!


文鳥ユメちゃんの大好きな豆苗に
トリケラトプスを置いてみた (^ ^)

困惑‥




▽最初は こういう図鑑を見ていました
▽恐竜カードは こんなのでした
これは2007年発売だそうです

▽タカラトミー アニア シリーズ
トリケラトプス


ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

ブログでご紹介したものを
まとめて投稿しています