【他院ベイザー吸引後修正】40歳女性 太もも・臀部・膝周りベイザー脂肪吸引+CRF豊胸 | シンシア~Sincerely Yours 銀座の美容外科・美容皮膚科

シンシア~Sincerely Yours 銀座の美容外科・美容皮膚科

. ベイザー(VASER)コンデンスリッチファット(CRF)美容外科、美容皮膚科シンシア院長又吉秀樹のブログ。
ベイザー脂肪吸引・CRF豊胸・フェイスリフト・腫れの少ない二重


テーマ:

今回のモニター患者様は40歳の女性です。
157㎝51㎏未経産
シンシアでベイザー脂肪吸引を行う11か月前に某クリニックにて、シンシアと同じやり方の
大腿臀部膝周りベイザー脂肪吸引+コンデンスリッチファット豊胸
を行っています。
ところがあまり効果が見られないことなどを理由にシンシアにて再手術をご希望になりました。
術前(※他院ベイザー後)
診察してみると・・・
拡大しない写真でもあることに気が付きます。
術後11か月たっているのですが吸引に非常にムラがあるということです。
写真で見ると特に右側の太ももに大きな裂け目のようなへこみがあるのがわかると思います。
これは何が起こったかというと


大腿臀部の脂肪吸引のアプローチ(吸引孔)は鼠径部からが主流です。
ここからだけのアプローチだとどうしても膝の近くを吸引しようとした場合に吸引孔の近くばかり多く吸引できてしまう、という事象が起こりがちになります。
今回の患者様はまさにそういうことが起きて一部分だけが異常に吸引されて溝みたいになっているのです。
更に悪いことに、


VENT Xという吸引カニューレがあるのですが、この吸引カニューレは非常に吸引力が高いのです。
しかも手元で吸引圧を調節する機構がついていないのでベイザーと組み合わせると強力な吸引が実現します。
ところがこの強力な吸引には大きな落とし穴があって、これだけで終わらせようとすると繊細な吸引にはならず、今回の患者様のような激しい凹凸になるのです。
特に、一日に2件以上手術をするクリニックでVENT Xを使っていると早く終わらせることだけに医師が集中するのでひどい結果になることが多いのです。

ベイザーやVENT Xといった優秀な機械は逆に、技術の無い医師或いは売上インセンティブに追われた医師にかかれば最悪の結果につながる凶器になり得るのです。

そして、こういう吸引をするクリニックほど“無料保証”を謳いますが、無料保証をうたうクリニックにありがちなのが“医師判断”で実際に保証してくれないということです。

だから保証期間内にもかかわらず、シンシアに来てくださる患者様がたくさんいるのです。


そもそも、手術結果よりも売り上げにこだわって手術をする医師は無料で修正をしてくれるはずもないし、他の医師の手術の尻拭いを自分の売上にならないのに気持ちよくやってくれる医師なんてそういうクリニックにいるでしょうか・・・

広告にだまされずに立ち止まって考えてみてください。

術前(他院ベイザー後)

術後3か月
術後3か月なのでまだ色素沈着が残っていますが、凹凸が修正されているのと、太もも自体が全体的に細くなっていることがわかります。(拡大するとさらにわかりやすいです)
そして、他院でほとんど吸引できていなかった膝周りが吸引されていることによって“小さい膝”も達成されています。
もし、いろいろなクリニックが言うようにベイザーは“90%の脂肪をキレイに吸引できる”というのが真実ならこのようにベイザー吸引後で僕が修正する出番はないはずです。
僕が口が裂けても90%を吸引できるといわない理由がこれです。

脂肪吸引の結果というのは術者の腕が70~80%残りの20~30%が優れたデバイスを使うかどうかにかかっているのです。

術前(他院ベイザー後)

術前(他院ベイザー後)
赤い部分がベイザーとVentXの吸引が集中した部分(吸引孔から斜めに分布しているのが特徴)

術後3か月
吸引ムラはだいぶ修正されています。

術前(他院ベイザー後)

術後3か月

術前(他院ベイザー後)

術後3か月
術前(他院ベイザー後)よりも一回り細くなっているのがわかりますね。




脂肪吸引で悩んでいる方、
値段でもその仕上がりでも是非他のクリニックと比べてみた上でシンシアにご相談いただければと思います。
他院ベイザー後修正も数多く行っています。
大きな手術は1日1件、一人一人の患者様を時間をかけて丁寧に丁寧に吸引しています。





面白かった、役に立ったよ!という人は是非クリックしてください。

押してくれるとこのブログにたどりついてくれる方が増えるんです

 

シンシアに相談したいなぁと思ったら・・・

お電話は

0355500567

まで。お待ちしております(≡^∇^≡)

  

  

 


又吉秀樹 as Dr.シンシアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります