なぜ学校で外国語を学ぶのか? | 横浜 川崎 武蔵小杉 ベビー&キッズ英語教室、 少人数 中学英語・高校英語、 英語レッスン

横浜 川崎 武蔵小杉 ベビー&キッズ英語教室、 少人数 中学英語・高校英語、 英語レッスン

0歳~小学生、中学生、高校生、大人の方まで、少人数で・個人で英語レッスンが受けられる教室です♪レッスンの様子や英語関連情報、日々の徒然を書いていきます。

Hi!! 太陽がまだまだ夏をエンジョイし足りないよ!と言わんばかりの暑さですね。お盆前から長野に帰省して、懐かしい仲間に会ったり、母の手料理やご当地グルメを満喫したり…とお盆休みをエンジョイし切っている英語リスニング講師の河東田美恵です♬︎


さて、お盆ということもあり、ご先祖さまに思いを馳せていると(空に虹)
自然と自分の振り返り…のような機会に恵まれました。

今まで霧がかかっていた「私がやりたい!」ことと、その理由がハッキリと見えてきたので、ここで発信しておこう!と思います。

よかったら、お付き合いください。


そう。あれは…小学2年生のとき、担任の先生が教壇に立ち、小さい頃の話をしてくれていた時のこと。

急に「あそこに立てば、みんなが話を聞いてくれるんだ。いいなぁ。じゃあ私は大きくなったら学校の先生になろう!」と、将来の夢が決定したのでした。


今思うと、その時から「何か」を伝えるためのステージを手に入れようと頑張ってきたように思います。

自分の夢を叶えて、学校の先生になり、英語という教科を選んだので、伝えることは主に英語。(でも、卒業生には「英語のことよりも、雑談のことばかり覚えている」と言われるのはなぜかしら)


学校を退職し、赤ちゃんのための英語耳レッスンを始めたのも「何か」を伝えたくて。


その後、キッズ英語を始めたのは、その「何か」が「自己肯定感の高い子供に育って欲しい」という思いだと気付いて、それを伝えていこうと思ったから。


11年経って、英語目ラーニングと自律神経調律に出会い、これなら結果が出る大人向けレッスンができる!と確信を持って今のスタイルになったのも、英語を通して「自己肯定感、そのままで素晴らしい」を伝えたくてでした。


そこが腑に落ちたら「みんな笑顔になる」でしょ!と、屋号を【ME English】エムイー・イングリッシュ(Minna Egaoの頭文字ね。まさかの日本語からきています)にしました。 


でも、なんで英語なんだろう?自己肯定感と英語って、なかなか結びつかない。

英語じゃなくてもいいのかな?でも、25年も英語講師一筋って、何かあるよね。と、自問自答しながらもモヤモヤのまま、時だけが過ぎ…


その答えは突然やってきました。昨日・8月15日(ちょうど満月でしたね)


なぜか夢中で「英語のなぜに答える」という勉強をしていました。

(受験勉強の時に「湧いてきたなぜ?」に費やしている時間がなくて「本当に自分が知りたいことを勉強したい」と思っていたあの頃を思い出すと、今私はなんて幸せなんだ!!と思いながら)

一日中書き書きメモメモしていたら、使い始めたばかりのボールペンのインクが、いつの間にかなくなっていました。


「なぜ学校で外国語を学ぶのか」ここに答えがありました。

「母語だけでは考えも付かない違い、見方、発想の仕方がわかるから」


違いが優劣ではなく、素晴らしい特徴だ!
Difference is Beautiful!!

ということが伝えられれば

「そのままで素晴らしいという自己肯定感」に結びつく。よね!?


それだけでもスゴいけど、

「同じことを言うことに対して、考え方が違うことを知ることができる」→多方面から物事を観ることができるようになる。


そこから「世界の窓が開く」と共に

独りよがりにならずに我が身を見直すことができる→自己成長を生む。

一人ひとりが、違いを特徴として受け入れられて、自己肯定感が高かったら、ゆとりが生まれて→

引いては世界平和にも繋がる。


なんて素晴らしいことでしょう!!


私が一日でボールペンを空にしてしまうくらい夢中になって「これ!面白いー!!」と思うことを伝えることで、私と出会ってくれた方々が自然と「笑顔」になってくれるシステム。

私はこう在りたい。


いいんじゃないハートと言ってくれているような気がした空でした。