こんにちは!ご無沙汰しておりました!


大阪の服部天神宮と服部住吉神社に行って参りました。




イクド・ルシェル巡礼 イクド・ルシェル巡礼


服部駅前の商店街の中にあるような感じで、こじんまりとしていて、でも意外と境内は広く、とても良かったです^^


境内には大きな楠がありました。


色々と書くとキリがないのですが、服部はハトリであり機織(ハタオリ)なので、もちろん秦氏の神社でもあります。境内には秦氏がこの地にやってきた説明版がありました。↓



イクド・ルシェル巡礼 イクド・ルシェル巡礼



イクド・ルシェル巡礼 イクド・ルシェル巡礼



イクド・ルシェル巡礼 イクド・ルシェル巡礼


秦氏は、機織だけでなく酒の醸造法や土木工事の技術なども日本に伝えた氏族です。京都では西北部に主に拠点を構え、丹波湖を開削したっていうことは出雲大神宮の項 でお伝えした通りでございます。




イクド・ルシェル巡礼 イクド・ルシェル巡礼


ここに来た一番の理由は藤原魚名公のお参りのためでした^^


上写真のお社の中に魚名公のお墓があります。お線香をあげて丁重にお参りしてきました。



ちなみに巫女さんを募集してました。誰か応募してみては?


駅前の地図でこの服部天神宮のすぐ近くに並ぶように住吉神社があったので気になったので、男性の神職の方に聞いたら、優しく教えてくれましたし。。。(笑)


昔は宮司が兼務していたらしいけど、今は特に密接な関わりがあるという話は聞いてないというようなニュアンスでした。私もあまり最近、老化のせいで(笑)記憶力が低下してきていて、よく覚えていません^^;




イクド・ルシェル巡礼

というわけで、近くの住吉神社に行ってたら、ここは意外と古く、結構な由緒正しき神社でございました。服部天神宮へ参拝される時は、是非このすみよっさんへも行かれると良いと思います。


参道と並行して流れる川が非常に気になったので、帰って調べましたら、やはりこの神社との因果関係はかなりありますね。


天竺川という天井川で、昔は砂川だったようです。



秦氏の都の作り方というのは、風水色の強い南都北嶺型であり、山に囲まれたりどちらかと言えば、東西に山脈が走っているほうが都を作りやすいんですね。そして南に湖か内湾などの静かな水面が存在すること。これは特に中国四国地方では徹底されています。


この服部住吉神社も強烈に南北ラインを維持してますので、秦氏の風水ラインを非常に感じますね。でもここが住吉大社の別宮なんですけれども、生駒山脈や鈴鹿山脈は南北に山脈が走っていて、どちらかと言えば東西ラインが重視される土地なんですね。


その秦氏の南北ラインと春日に代表される南北ラインが、ちょうど大阪でクロスするような印象を受けます。大阪の三島や茨木や阿武山古墳なんかはそういう意味でものすごく重要です。


この南北ラインと東西ラインの結合はクロスであり、四天王寺のメタファーでもあって、これに七星剣を足すと11になります。


金銀荘大刀:聖武天皇遺愛「正倉院の宝刀」1250年ぶり確認 国宝2本に銘 (毎日jp)


上の記事は最近の重要な歴史的出来事について書かれたものです。こういう記事はすぐにWebから消えてなくなるので最後尾に全文引用しておきますね。


また、あまりくどく言いますとかなり長くなりますので巡礼の様子をスライドショーにしましたので、どうぞご覧くださいませ♪


amebaはyoutube動画の埋め込みがやりにくいのでとりあえずリンクだけしておきますね^^




服部天神宮/服部住吉神社巡礼  ←巡礼の様子は









※印で囲んだリンクは全て『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用


  
お問い合わせ


イクド・ルシェルの本サイトです↓どうぞご覧くださいませ。


**********************************************
*
Sahanadala-K のスライドショーはこちら *
**********************************************



グリーンストリームジャパンサイトです♪
banar006.jpg


   


ラビングアースもよろしくお願いします♪



† Copyright(c) † Fantasy Stone
Ygg de Le ciel




***********毎日jpより引用(毎日新聞2010年10月26日大阪朝刊)*****************

金銀荘大刀:聖武天皇遺愛「正倉院の宝刀」1250年ぶり確認 国宝2本に銘

「陽劔」(左)「陰劔」(右)の銘文が見つかった金銀荘大刀=奈良県生駒市の元興寺文化財研究所保存科学センターで2010年10月25日午後4時29分、竹内紀臣撮影

X線撮影で見つかった「陽劔」と「陰劔」の銘文=元興寺文化財研究所提供 ◇大仏殿埋納
 東大寺大仏殿(奈良市)の土中で明治時代に見つかった「金堂鎮壇(ちんだん)具」(国宝)のうち、「金銀荘大刀(きんぎんそうのたち)」2本から、それぞれ「陽劔(ようけん)」「陰劔(いんけん)」と書かれた銘文が見つかった。同寺と元興寺文化財研究所(同市)が25日発表した。光明皇后が、夫の聖武天皇遺愛の宝刀の筆頭として正倉院に献納し、3年後の759年に正倉院から取り出して行方不明になっていた2刀とみられ、1250年ぶりの所在確認となる。

 剣は鉄製で、共に長さ約1メートル。1907年、大仏が座る須弥壇(しゅみだん)南西の、大仏右ひざ下付近に掘った深さ約45センチの穴から出土し、銀のつぼ、真珠などと共に「東大寺金堂鎮壇具」として国宝に指定された。

 同研究所保存科学センター(奈良県生駒市)が保存修理のためにX線撮影をして9月30日、柄(つか)付近に銘文を見つけた。金属を削って別の金属を埋め込む象眼技法で、さびのため肉眼では見えない。

 銘文は、光明皇后の大仏への献納目録「国家珍宝帳」に記された刀100点の筆頭の「陽寶劔(ようほうけん)」「陰寶劔(いんほうけん)」と同じで、長さや装飾の特徴もほぼ一致。珍宝帳の2刀の項目には、正倉院に納めた後に取り出されたことを示す「除物(じょもつ)」の付せんがあり、別の記録から光明皇后が亡くなる約半年前の759年12月26日に取り出されたことが分かっている。除物は計7点あるが現存が確認されたのは初めて。

 また今回の調査で、別の鎮壇具「銀荘大刀(ぎんそうのたち)」から、皇帝の文様である北斗七星を表現した「七星文」も見つかった。聖武天皇にかかわるものだった可能性が高いという。刀の公開は未定。【花澤茂人】

==============

 ■ことば

 ◇国家珍宝帳
 天平勝宝8(756)年6月21日、聖武天皇の七七忌(四十九日)に、光明皇后が東大寺大仏に献納した天皇の遺愛品の目録。記載された楽器や刀剣など六百数十点の宝物は正倉院に納められ、正倉院宝物の基になった。「除物」の付せんは7点に付けられており、今回の刀2点以外の行方は分かっていない。

***********毎日jpより引用(毎日新聞2010年10月26日大阪朝刊)*****************