ラビングアースDragon Anasta

神戸市東灘区の網敷天満神社 『ウィキペディア(Wikipedia)』に行っていました。



ラビングアースDragon Anasta



ラビングアースDragon Anasta


ラビングアースDragon Anasta


境内は梅尽くし、牛尽くしで、非常に綺麗にされていました。




ラビングアースDragon Anasta


この梅彫りは珍しいですよ~



ラビングアースDragon Anasta

あ、マリア様も見てる!





ラビングアースDragon Anasta

八色雷(やぐさいかづち)は珍しいですよね!境内の隣は八色橋ですし、、、


なんでも古代、ここらあたりは鏡作部があったそう。

隠されているけど、”六甲の守護神は白山権現”と綱敷天満神社の小冊子には書かれていました。


まだ全然UPできてませんが昨年、白山に肉薄した時の写真(白山スーパー林道から)


ラビングアースDragon Anasta



↓ここからはまた綱敷天満神社の写真

ラビングアースDragon Anasta

神と人が和み、楽しむ。良い言葉ですね!

神は遠くの存在ではなく、近くにいますし。


毎日、『捨てる神あれば拾う神あり』の状態です。

森羅万象と常に向き合ってないと気付きにくいですけど、、、




ラビングアースDragon Anasta


なんだ、これ!めちゃ、かわいい。



綱敷天満宮は幾つかあるんですけれども、最も詳しい由緒が記載されている大阪の網敷天神社には、度会春彦(白太夫) のことが書かれています。

菅原道真が亡くなった時に、土佐国にいた長子・菅原高視(すがわらたかみ)に遺物を届けようとするのですが、土佐国国衙付近で亡くなっています。怪しいですよね。菅原高視は当時、土佐国衙にいたわけではなくて、内湾を挟んだ対岸の潮江(牛尾の江)というところにいました。背後の山には今でも高見山という名がつけられています。


白太夫は亡くなるのですが、遺物が潮江の高視のところに届けられて、日本初の天満宮・潮江天満宮 『ウィキペディア(Wikipedia)』が創建されます。


度会氏と土佐の関係は、これだけに留まりません。G線タルミの旋律 (Lemurian resonance)で書いたように、山崎 闇斎(やまざき あんさい) 『ウィキペディア(Wikipedia)』は若い頃、土佐神道とも位置づけられる土佐南学を学び、後に度会延佳から伊勢神道を学び、垂加神道を大成させているんですね。伊勢度会氏は外宮(豊受大神)の地位を上げた伊勢神道 『ウィキペディア(Wikipedia)』の人として知られていますが、白太夫が亡くなった土佐国の土地も古来より豊受を祀る土地です。


伊勢神宮が現在のような形になったのは最近のことです。特に明治期の国家神道の力が今でも強く働いていて、是非そういう歴史も考慮にいれて伊勢神道を宣伝されたい方は宣伝されてください。


神道の本質は”支配”ではなく、”自由”です。また神道は宗教ではなく、人間の生き様ですから、日本一なんていう価値観は現れないんですね。


話を元に戻しますが、実は、この潮江天満宮から『異境備忘録』(いきょうびぼうろく) 『ウィキペディア(Wikipedia)』を書いた宮地水位が輩出されており、出雲とは何か?という問いに対して重要な示唆を与えてくれるんですね。



この潮江天満宮の奥宮は、石鎚山とも言われており、石鎚修験は瓶ヶ森修験 (Lemurian resonance)の後継ですから、結局、どういうことかいうと、菅原家は日本古来の三体妙見信仰を持つがゆえに断絶されたんですね。


三体妙見が何かと言えば、北極星であり、ソフィア 『ウィキペディア(Wikipedia)』なので、菅原道真は学問の神様ということになっているんですね。



私の個人セッションでは、そういうところまでお話できます。


関東では前鳥神社 が学問の神様として非常に良いのですが、あまり重要視されていないのが悲しいですね。


これらを総合して分析すると”一体、出雲とはなんだろうか?ということは見えてくるとは思いますが、なかなかそうもいかないということなんですね。人間という生き物は常識にしがみつきたがる生き物ですから。その常識を超えることにも神道の本質的機能、あるいは禅の知性的飛躍があるはずなのですが、残念ながら日本人よりも外国人のほうが日本のことをよく、お知りになっています。


その事実に対して”恥じらい”さえ感じなくなったのも、日本的美の根底が崩壊していることの表れなのかもしれません。自国の歴史を知るというのは自分を知るということでもあり、自分を愛し他者を愛するためにはまず自分を知らなければいけないので、華やかなマスコミが流す情報ばかりにとらわれて地味な歴史に目が向かないのはやはり、社会から愛が欠如していくことの表れであると思います。


いつか皆さんと郷土の歴史を共有できることを願って!


それでは、また。


AmenoMaria募集開始致しました♪

現在募集中でございます。気になる方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!


∮ Energycopyright(c)∮ Loving-earth


響の個人セッション のシングルセッションは随時お受け付けしております。



Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg