こんにちは、ひびきです。


先日、東京の稲城市にある3つの神社を巡礼してきました。東京都の中でもマイナーな所ですが、実はものすごく重要なスポットでもあります。



ラビングアースDragon Anasta-oomato1



大麻止乃豆乃天神社 (おおまとのつのてんじんしゃ)『ウィキペディア(Wikipedia)』です。櫛真智命を祀っています。武蔵御嶽神社も式内・大麻止乃豆乃天神社を主張していた(いる)ようですが、同じ櫛真智命を祀る天香山神社(奈良県)や天山神社(愛媛県)の配置を考えると、稲城の大麻止乃豆乃天神社が式内社と言えると思います。


武蔵御嶽神社は眷属信仰の強い土地で、天香山信仰とは少し違った『山の信仰』でしょう。もしくは櫛真智命の奥宮という位置づけならばぴったりときます。


ただ大麻止乃豆乃天神社という社名と櫛真智命という祭神が後世になって付加された可能性も指摘されています。それでも大丸という地名と小野神社のことを考えても稲城大丸が大麻止乃豆乃天神社の地であるということは納得のいく話でもあります。大麻止乃豆(おおまとのつ)は後の大津に変遷していったとも考えられ、祓いの謎における重要なカギになってくるのではないかと思います。マトはヤマトのマトでもあり、邪馬台国時代の文明の謎を解くカギさえこの大麻止乃豆乃天神社にあるかもしれません。ここがマトであればどこから一体、矢が放たれるのか、ということでしょう。


北極星なのか、日野の太陽神なのか、それとも全く別のところか、今後の調査とインスピレーションに期待するしかありません。



大麻止乃豆乃天神社、天香山神社、天山神社の3つに共通することは、比較的低い里山であり、山の信仰が強いと思われる山塊から流れ出る川の側に建っているということです。これこそ山から里へ神が降りてきたオオマトの地であり、クシマチという神名からも想像できるように、クシナダヒメ 『ウィキペディア(Wikipedia)』がメタファーとして隠されているのです。


そうなると稲城という地名も最もなことで、けだし合理的な名前であることがわかります。稲城の語源についてはよくわかってないらしいのですが、大麻止乃豆乃天神社があるということは、稲城の由来はかなりの古代にまで遡る事ができると思います。


しかも大麻止乃豆乃天神社から多摩川を越えた北側には武蔵国総社の大国魂神社、そして西側には旧武蔵一之宮の小野神社があります。


このことを考えると、多摩川流域、特に武蔵一之宮付近の古層には何かとんでもない古代文明が潜んでいるような気がしてなりません。多摩は既に万葉集の時代から多麻能余許夜麻(たまのよこやま)などと詠われており、一体この多麻とはなんの玉かというと稲魂ではないかとも考えられるのです。


埼玉の語源となっているサキタマが『多摩の先にあるから』という地名由来説もあるように、また上総一之宮が玉前(タマサキ)であり(来月日食巡礼予定)、玉を巡る関東の古層は非常に興味深いものがあります。現代人が考える以上に古代人は広い視野を持っていたということでしょう。


そしてこれらの玉信仰と三島信仰が同じように関東と瀬戸内に存在すること、その2つの離れた地域をつなぐものに忌部氏 『ウィキペディア(Wikipedia)』が存在すること。


これらを総合して考えると、日本文明は上代のある時期に徹底的な破壊に遭い、本来の皇統が渡来人によって乗っ取られたと考えるのが合理的だという地点に到達します。四国周辺部と関東が非常に酷似した文明になっており、畿内周辺部には、奥の奥のはるか奥に、その同じような文明が見られるというのは、明らかなる征服が畿内で行われたということであり、それが少なくとも四国周辺部・関東以外からやってきた外来のものたちであるということも確実に言えると思います。


これはどういうことを意味しているかと言いますと、奈良県の天香具山周辺部も愛媛の天山、東京の稲城となんら変わりはなく、征服される前の日本は自発的な信仰に基づいて、緩やかな連合国家を形成していたということです。


従って、大王家が弥生時代後期から畿内から全国を統率していたなどという説は、全く幻想的なオカルトの世界であり、権威付けに利用されている数々の巨大古墳は、記紀を正当化したい渡来人のつくりものではないかと思うのです。


もし仮に、畿内から祭祀が生まれ、各地方に伝播したのであれば、オオマトなどの信仰は決して関東にあってはならないものです。それが各地に点在しているということは、畿内の権力者が躍起になって各地方を壊滅させ、文化を奪い、嘘の歴史を作り上げたということなのです。




しかし、総社である大国魂神社が今でも熱心に信仰されているにも関わらず、肝心の一之宮小野神社、二之宮二宮神社が寂れているのはなぜなんでしょうか。


小野神社には瀬織津姫、二宮神社にはアラハバキ、という両者とも埋没神が武蔵の筆頭に掲げられています。これが多摩川を神格化したものであることは明白です。三之宮の大宮氷川神社、四之宮五之宮の秩父周辺部も今でも信仰が篤い。しかし、多摩川祭祀に関係があると目される六之宮の杉山神社も、確定していない。



ラビングアースDragon Anasta-ninomiya1

(二宮神社内の荒波々伎神社)これは3年前訪問時の写真


この武蔵を巡る謎とは、実は多摩川を巡る謎に直結しているのではないかと思います。


ということで、かなり話がそれましたが、次は穴澤天神社 『ウィキペディア(Wikipedia)』です。



ラビングアースDragon Anasta-anazawa1



2回目の訪問ですが、やはり今回もたくさんの方が湧き水を汲みに来ておりました。周囲に新興住宅街があって、しかも湧き水の出口の上に位置する神社境内を一部コンクリート化しても、未だに飲料用の湧き水が出ているとは驚きですね。


弁天さんが祀られてますが、洞窟上の境内斜面に祀られていた石仏も近くの威光寺に移されたようです。



ラビングアースDragon Anasta-ikouji1

威光寺。横穴式古墳を広げて弁天さんなどを祀っている模様。洞窟内には入りませんでした。神仏分離以前は穴澤天神社 の別当寺だったようですが、現在では少し寂しいような感じになっていました。穴澤天神社 が水汲みの人やら氏子さんの会合やらで賑やかだったから、そう感じただけかもしれませんが。




ラビングアースDragon Anasta-anazawa2


そして、上写真は穴澤天神社の神紋。


玄松子さん によれば三つ巴と梅鉢。梅鉢は天神社の天と関係があり、菅原道真を合祀していることからも北極星と関係がありそう。そこから水が湧き出しているとは、何か古代は深い意味があったのかもしれません。


三つ巴は大麻止乃豆乃天神社の神紋でもあります。そして小野神社の神紋は十六菊花紋。これらを総合すると、北極星から矢が射られオオマトで選ばれたのが大麻止乃豆乃天神社。そしてその北極星の水が湧き出したのが穴澤天神社、その聖地を小野神社が十六菊花紋で治めたということになるかもしれません。



そして3つめの訪問先は、これまた稲城にあります妙見尊。創建は中世のようなことを書いていましたが、見晴らしもよく、ものすごい霊気。大麻止乃豆乃天神社、穴澤天神社、小野神社と同じ領域で捉えないといけない社ではないかと思います。




ラビングアースDragon Anasta-myouken


訂正します。調べてみますと、この妙見尊、かなり古いようで、創建は8世紀にまで遡るようです。妙見寺と合体しており、妙見寺のサイト に妙見尊のことも詳しく書かれております。ここは非常に興味深いものがあります。妙見信仰自体が仏教とみなされたので、神仏分離がここでは実行されなかったと思いますが、ここは明らかに神宮寺であり、妙見尊の祭事は神道的であります。




∮ Energycopyright(c)∮ Loving-earth




Crystal&Healing LovingEarth

banaloving2.jpg