邯鄲の夢

徒然日記


テーマ:

 

 

クラブワルプルギス 新宿JAM (9月16日)

 

 

 

シュライン

いつもながら

作り込まれた打ち込み

壮大さを感じる音色の豊かさ

 

この間のライブから

アクティブさを増して来た感があります。

客席に降りてきて歌う

客席に迫りながらギターを弾く(笑

拳あげて

紛れたくなる快音を作り出す集団

 

 

 

 

MADAME EDWARDA

 

「イリュミーヌ」全開のセットリスト

室内楽バージョンのローレライと

(クラシック調)

カーニバルの美しいメロディ

交響詩的な幕開け

エメラルドは

存外ポップな作り

マリオネットのタイコが良かったのと

ラニュイのギター

ルミエールのベース

それぞれ個性きわだつ

MADAME EDWRDA..

 

なんといっても

ワルプルギスでは今までなかったのですが

アンコールに答えてくれたのが

嬉しかったですね・・

 

 

泰造さんの舞踏

ドレープ美しい白の衣装

前半抑えた演技は

内なる熱情を感じました

白い布を顏に巻きつけ

面のように演出したシーン

戦慄が走りました。

後半への転換も見事

寝技やひっくり返る動作

暗闇に伸びた手足の美しさ

舞踏ならではの動き

堪能しました。

 

 

今回のワルプルギス

新宿JAM閉店まであと2回とあってか

お客さんも多く盛り上がりました。

 

MADAMEファンにとっては

イリュミーヌ発売と

名阪チケット(サインいり)

が嬉しい夜でした

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

見る幻に毒を盛れ  ライブステーション (9月8日)

 

こちらのイベント2回目ですが

毎回充実した内容です・・!

 

 

 


 

 

lament

 

V系とゴシックの

良い要素が絡まった優美なバンド

声が良い

音作りがうまい、

見せ場がかっこいい

 

 

 

 

AUTO-MOD

久しぶりの夕刻のAUTO-MOD

そしてデカダンなシアトリカルショウ

思わずオペレッタ的ライブを期待してしまいます。

いつかまた演劇集団と共演のステージを見たい

とにかく全員のエネルギーがすごい、美しい

 

 

 

 

FOXPILCULT

 

アングラポップ歌謡曲

打ち込みがハードになって

インダストリアル色が強くなっていた!

いつのまにか

ファルセットを習得した

ケビン君の迫力がすごい

 

 

 

 


 

パイディア

 

パイディアは聞かせる曲も多いので

今回のような変化に富んだセットリストも

良いと思う

ポップなsexアンドロイド時の

曲もアクセントになっている。

 

dieS

見るのは2回めだけど

メジャー寄りで面白い!

 

ガチ踊りは真似できなかったけど

一緒に手を振り上げてたら

楽しかった

ちょっとV系手扇子入ってて

こぎれいな女の子がいっぱいいた!

 

 

diesは5デイズなど本当にハードな企画を

やってらっしゃる このイベントもまた訪れたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

蝶葬 心斎橋火影(8月27日)

 

2017.8.27.sun

SOU presents

[”蝶葬”~SOU debut&album"BUTTERFLY"release party~]

SOU
Kaama Kamilion
面黒楼卍
Silent Head
UTEROZZZAAA

 

 

 

KamaKamilion

 

今回はタイコが打ち込みでしたが、

これはこれで良い感じの音でした。

ベースのアレンジが決まってるところへ

センスの良いギター、独特のメロディ

Maju嬢の迫力

ツインヴォーカル

ドラマティックでいいです。

デジタルポップ調の音作りが美しいのと

やはり最後の曲はボレロ的反復と

ハードコア要素があり名曲。

 

 

面黒楼卍

キーボード一台の弾き語り

その音がまたすごい、

グランドピアノを叩くクラシック奏者のよう

それでいてアングラで人の心を掴む

声とポエトリー、

何か、とんでもいないものを、見ました。

 

Silent Head

和製ピーターマーフィーのヴォーカル有江さん、

登場もカッコいいし声に震える

ゴシックらしいミドルテンポの曲が良かった。

リズム体の重みと流麗なギター。

みなさん相当な個性とテクニック。

そして中谷さんがミックカーンに見える(笑)

ダブルヘッダーでしたがそれぞれ素晴らしかった!

SOU

初ライヴとは思えない迫力と貫禄

不思議で面白い楽器が登場して

(パーカッションとデジタル笙みたいなやつ)

実験的でもあり

インダストリアルな雰囲気もあり

有望新バンドでした。

 

UTEROZZZAAA

ハコに入った時、大阪パンクスらしい

いでたちの方がいらっしゃると

思ってたらこの方でした。

ノイズとも、打ち込みとも違う

素材を使ってのミックスにヴォーカルを乗せるスタイル。

パンクからニューウェーブから映画のセリフ、

古典音楽、ラップ、

あらゆるジャンルを総括した内容にびっくり

新鮮で劇的、破壊力あるステージに圧倒されました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。