技工作業を | Dr.Yamada's Dental Diary (ドクター・やまだの歯科日記)

技工作業を

先日、噛み合わせの関係で歯の形態を変えるために技工作業を診療の合間を見て行いました。


今回は長年悩まれてらっしゃる舌への刺激を減らすための治療です。


矯正治療も視野に入れていますが応急、試験的な内容です。



歯を削らず樹脂で形態を整えると言う内容です。
お口の中で直接行うことも可能ですが時間を短くすることと正確に行うために模型を作って作業を行いました。


透明のシリコンで型取り。


これに樹脂を入れて歯に接着させると言うことで模型で作った形が歯にミクロン単位で反映されると言うわけです。

樹脂なので足したり削ったりが容易にできます。
患者さんに使ってもらいながらまずはこの方法で様子を見ていくことになっています。

シリコン製のマウスピースも併用します。

かつて歯科技工士をしていた私なので久々の技工作業も楽しかったです。

なお自費治療となっております。