パルスオキシメーター | Dr.Yamada's Dental Diary (ドクター・やまだの歯科日記)
新型コロナウイルスに関する情報について

パルスオキシメーター

過日、パルスオキシメーターを増やしました。




歯科では麻酔のための注射や外科処置も日常的に行われており、患者さんの全身状態把握、より安心・安全のためです。


各ユニットに配置することにより日常的にスムーズに使用することができると思います。



昨今はコロナ感染者の状態把握のために使用されることが多く注目されていますね。


そのため一般家庭でも普及しているかと思います。




(厚生省の新型コロナウィルス感染症診療の手引きより)



パルスオキシメーターは血液中の酸素の量、酸素飽和度(SpO2)を測る医療機器です。


酸素飽和度(SpO2)は一般的に96から99%が標準値とされています。


90%以下の場合は十分な酸素が入っから全身に遅れなくなっている状態(呼吸不全)になっている可能性があるため適切な対応が必要となります。


ちなみに表示画面にある(ない機種もあるようです)PI値(還流指標)とは、AC/DCを%で表示したもの。


動脈の変動部分を脈波といい、パルスオキシメーターのセンサー受光量は脈波により変動する成分(AC)と変動しない固定成分(DC)に分離でき、PI値(還流指標)とは、AC/DCを%で表示します。


測定原理上、正確な値を担保するにはPI値が1.0以上あることが「望ましい」値とされています。


簡易に測定できる反面、正確な数字を表示しない場合もあるので装着方法など扱いには注意が必要ですね。


また表示画面には1分間あたりの心拍数(bpm)も表示されていることが多いです。


通常、健康な成人であれば安静時の心拍数は1分間に約60回から100回の数値となります。


一般向けに書かれた日本呼吸学会の冊子が分かりやすいと思います。


参考までに。


日本呼吸器学会 冊子「よくわかるパルスオキシメータ」
https://www.jrs.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=68