口腔機能低下症と舌圧トレーニング用具「ペコぱんだ」 | Dr.Yamada's Dental Diary (ドクター・やまだの歯科日記)

口腔機能低下症と舌圧トレーニング用具「ペコぱんだ」

こんにちは。

オーラルフレイルという言葉をお聞きになったことがありますでしょうか?

日本歯科医師会のHPより引用しますと…

「オーラルフレイル」とは、口腔機能の軽微な低下や食の偏りなどを含み、身体の衰え(フレイル)の一つです。

「オーラルフレイル」は、健康と機能障害との中間にあり、可逆的であることが大きな特徴の一つです。つまり早めに気づき適切な対応をすることでより健康に近づきます。

この「オーラルフレイル」の始まりは、滑舌低下、食べこぼし、わずかなむせ、かめない食品が増える、口の乾燥等ほんの些細な症状であり、見逃しやすく、気が付きにくい特徴があるため注意が必要です。

というものです。


つまり口腔機能障害の前段階です。

自覚して早めに対応すれば健康、健口な状態を取り戻すことができます。

フレイルの段階概念は次のようになります。


口腔機能低下症(疾患名)のうち低舌圧に対してこのような舌圧トレーニング用具「ペコぱんだ」があります。



口の中ででっぱりを舌で押し上げて使います。




ご興味ある方は来院時にご相談ください。