第2回相模原糖尿病と歯周病を考える集い(あじさい会) | Dr.Yamada's Dental Diary (ドクター・やまだの歯科日記)
2019年02月07日(木)

第2回相模原糖尿病と歯周病を考える集い(あじさい会)

テーマ:学会・研修会
平成31年2月7日木曜日午後6時半よりラポール千寿閣で行われた第二回相模原糖尿病と歯周病を考える集い(あじさい会)に幹事のひとりとして参加してきました。。


今回は挨拶を担当させていただきこれまでの会の活動経緯などをお話しさしていただきました。



糖尿病と歯周病は慢性疾患で自覚症状があまり感じられない、患者さんの自己管理に病状が関連するなど共通項が多い疾患です。

また糖尿病患者さんは感染しやすいので歯周病が重症化する傾向にあります。

そこで相模原エリアの糖尿病専門医の先生方と歯科の先生との医科歯科連携を図るための会を発足、それがあじさい会になります。

今回は医科歯科連携のための診療情報提供書について医科の先生、歯科の先生にお話しいただきました。

多くの先生や歯科衛生士、管理栄養士などスタッフの方にもご参加いただきました。

私も歯周病専門医という立場にあるので積極的にこの事業に参加したいと思っています。




dr-yamadaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ