山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

美容形成手術に関すること、美容情報、日常のことなどを配信していきます。
2014年2月より、西永福より新宿三丁目へ移転致しました。
ご予約・ご相談は、03-5315-4391もしくはyamamotoclinic.soudan@gmail.comまで。


まず、このお話にご協力頂いたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回は、『小鼻縮小術後』の様子です。

当院では、術後1か月、3か月の定期チェックを行っていますので、術後1か月の状態をお見せしたいと思います。

 

術後1か月でお会いすると、『先生、まだ腫れてます?』という質問をよく受けます。

写真で比較すると、若干腫れは残っていますが、大半が引いているというのが現実だと思います。

色々な角度で、術後1か月の状態をお見せしますので、ご参考にして下さい。

 

この時期は、傷の赤みも残っていますので、この点もご参考になれば幸いです。

 

例によって、この方の術前術後や経過等をお知りになりたい方は、私のコラム『美容外科話』を是非ご覧下さい。

 

詳しい詳細については美容外科話を御覧下さい

 

 

超ラフな書き方の『note』はこちら↓↓

 

 

 

 

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

小鼻縮小術は、比較的腫れが目立ち難いのですが、今回の方は皮下出血まで出て、『目立つ腫れ方』をされましたので、ご紹介したいと思います。

まず、正面から見た状態です。

法令線に沿って、皮下出血も見られ、小鼻が腫れているために、抜糸時は鼻の穴も大きく見えています。

 

角度を変えてお見せします。矢印で示した皮膚が黄色くなっている部分が、皮下出血です。

 

下から見た状態で比較すると、抜糸時は、鼻の穴が広がっていることが分かり易いと思います。

 

時々術後の経過には、個人差がある事も書くのですが、このように腫れが強く出た方をご紹介するのは、これから手術を考える方には、大事なことだと思いますので、ご参考になれば幸いです。

 

さらに他の角度もご紹介します。

小鼻の位置まで変わったように見えますよね。

 

このように、腫れていると形状も変わって見えますので、術後には、あまりびっくりされないようにして下さい。

 

この方の術前後の様子等、細かいことを知りたい方は、私のコラム『美容外科話』をご覧頂きたいと思います。また、私のトーク的な文章を読んでみたい方は、noteをご覧下さい。

 

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、唇手術後の傷経過です。

 

どの手術でもそうですが、縫合はいかに丁寧に行うかという事が結果に直結します。

 

唇の手術も同じなのですが、抜糸直後に悪化しているように見えることが高頻度で起こりますので、このことをご紹介したいと思います。

 

まず、唇の縫い方ですが、表面縫合を行う前に中で丁寧に縫う事も大事だと私は思っています。中縫合が終了した状態をお見せします。

 

矢印で示した部分が傷ですが、この段階で段差がなく傷が寄せられていることが非常に大事です。

この後表面縫合を終了した状態をお見せします。

 

一般の方が見ても、丁寧に細かく縫ってあることがお分かり頂けるはずです。

 

しかしながら、抜糸をすると、『傷口が開いたような状態』になってしまうことがあります。 この状態をお見せします。

部分的に傷が開いたようになっていると思います。  

しかし、これは一般的な経過で、問題となる現象ではありません。

 

傷口が落ち着いた状態をお見せします。

全く問題なく綺麗になっていることがお分かり頂けるはずです。

 

このように『一時的に悪化して見える』というのが、この手術の特徴と言っても良いと思っています。

こうしたことを認識した上で手術を検討されることをお勧めします。

 

詳しい詳細については美容外科話を御覧下さい

 

超ラフな書き方の『note』はこちら↓↓

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、『小鼻縮小術』です。

 

良くいただく質問に、『先生のこのデザインで切ったら、歪むと思うのですけど』、『小鼻と顔側の直径も断面の形状も違うのに大丈夫なのですか?』というものがあります。

 

『論より証拠』ですので、術前デザインと術後抜糸時の状態を続いてご覧に入れたいと思います。

 

術前

抜糸時

 

いかがでしょうか?およそ歪んでいないと思いますし、直径も合わせたので、ずれていないと思います。

 

こうした細かい部分に気を遣いながら、手術は行いますので、技術とセンスが必要になります。

 

私の手術は『変わり映えしない』と自分でも認識していますので、そういう仕上がりが好きな人だけ当院には、いらして頂きたいと思います。

 

詳しい詳細については美容外科話を御覧下さい

 

超ラフな書き方の『note』はこちら↓↓

 

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

小鼻縮小術のデザイン等に関しては、良く書きますが、一番大事にしていることは、『デザインから縫合まで曲線的に仕上げる』という事です。

 

小鼻は、丸みがあってこそですので、これが損なわれると、非常に不自然な形状に仕上がってしまいます。

 

この方の術前、術後の様子や、手術に関する細かい説明に関しては、私のコラム『美容外科話』にてご紹介していますので、是非ご覧下さい。

 

とにかく、この手術では、丸み丸みと念仏のように思い浮かべながら手術をするようにしています。

手術直後にも丸みが損なわれていないことが大事だと思います。

 

術後5日目に抜糸をしますが、この際も丸みが失われていません。

 

手術による腫れはあるものの、形状的な問題は起こっていないと思います。

 

いつも同じような事を書きますが、担当医の腕やセンスは、人によって大きく違います。術前に症例写真等でよく検討されることをお勧めします。