山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

美容形成手術に関すること、美容情報、日常のことなどを配信していきます。
2014年2月より、西永福より新宿三丁目へ移転致しました。
ご予約・ご相談は、03-5315-4391もしくはyamamotoclinic.soudan@gmail.comまで。


まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、鼻尖形成術(団子鼻手術)の術後の腫れ方です。内容的にも何回かご紹介していて、飽き飽きしている方もいらっしゃると思いますが、いろいろな方をご紹介するのが目的ですので、このような症例写真から術後の経過をイメージして頂ければ幸いです。

 

では、さっそくご紹介したいと思います。

術後5日目、抜糸時の状態です。

 

この方は、腫れが少ない方だと思います。

術後1か月の状態をお見せします。腫れも大分収まり、形状が安定して来ていると思います。

 

この方の詳しい内容は、私のコラム『美容外科話』でご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

 

美容外科話 NO.424ちょっとの変化で雰囲気が変わる!鼻尖形成術(団子鼻手術)の効果。

 

術後の経過には、個人差があります。特に年齢が高くなればなるほど落ち着くのに時間がかかります。

 

70代の方で、20代の方の術後経過と比較される方もいらっしゃるのですが、年齢、性別も含め、個人差があるということを頭に入れて頂く必要があると思います。

 

いずれにしましても、なるべく多くの方をご紹介していきたいと思っておりますので、あきれずにご覧いただければ、至上の喜びです。

 

手術動画はYOUTUBEにて配信中です。

よろしければ、チャンネル登録をして御覧下さい。

 

手術モニターも募集しております。

手術内容により募集を締め切らせて頂いている場合もございますので、お問い合わせください。

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

メール相談はこちら

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

 

 

 

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介する方は、私のコラム『美容外科話』でご紹介していますので、そちらをご覧いただくとして、この方がどの程度の移植範囲であったのかを御覧に入れたいと思います。

術前と術後1か月の鼻根部の高さと形状変化にご着目下さい。

 

術前                 術後3か月

鼻先は、鼻尖形成術を行っていますので、形状変化がありますが、鼻根部に植えているのは上の方だけです。

 

美容外科話No.423 自分の組織で鼻筋を通す!!耳介軟骨移植術+鼻尖形成術(団子鼻手術)の場合。

 

下のデザイン写真で、四角く囲んである部分が軟骨を移植した部分です。

如何ですか?案外移植した範囲が狭いとお考えになる方が多いのではないでしょうか?

 

鼻筋は、全体を高くしなくても、鼻尖と鼻根部だけを高くすると『鼻筋が通る』ことが多いと、私は思っています。

 

診察にいらした方に、どのような手術をご提案するかは、担当医の考え方、感性次第だと思います。

 

こうした方々の写真を見て、『自分と感性が似ている』と思われた場合は、是非当院にいらしていただきたいと思います。

 

手術動画はYOUTUBEにて配信中です。

よろしければ、チャンネル登録をして御覧下さい。

 

 

手術モニターも募集しております。

手術内容により募集を締め切らせて頂いている場合もございますので、お問い合わせください。

 

 

 

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

メール相談はこちら

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

 

 

まずこのお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回の方は、鼻尖形成術(団子鼻手術)と小鼻縮小術を同時に受けられた方です。

 

私の手術は、よく言うと、『自然』、悪く言うと『代り映えしない』ということになると思います。

 

美容外科手術は、担当医の『感性』が非常に出ますので、ご自分と似た感性の担当医を探すことが非常に大事だと思います。

 

この方の詳細に関しては、私のコラム『美容外科話』に載せてありますので、そちらも是非ご覧頂きたいと思います。

 

まず、比較して頂きたいのは、斜めから見た状態です。

術前                  術後3か月

いかがでしょうか?この角度だと変化が分かり難いのではないでしょうか。

 

美容外科話NO.422鼻尖形成術(団子鼻手術)、小鼻縮小術をやっても大きく変わらない??

 

次に横から見た状態です。

術前                 術後3か月

若干、鼻筋が通り、鼻尖の高さが高くなったことがお分かりになるでしょうか?

この角度も非常に分かり難いのかもしれません。

 

前述しましたが、私の手術は非常に微妙な変化であることも多いために、このような結果になることも珍しくありません。

 

しかしながら、角度を変えて見れば、しっかりと変化も分かります。

『写真よりも人間の目の方が精巧』ですので、『何となく変わった』感じは、ご本人だけでなく周囲の方にも受け取られるはずです。

 

私のクリニックは、私しか医者がいない『ワンドクタークリニック』ですので、ここでご紹介する症例は、全て私の患者さんです。

 

もし、私の手術を見て感性が似ていると感じられる方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院にお越し頂きたいと思います。

 

最近、私に『このような感じにして欲しい』と私の症例写真を見せて下さる方が増えましたが、私としては、非常に仕上げ易いですし、医者として嬉しく思っています。

 

また、『最小限の手術で済ませたい』というのが、私の診療ポリシーですので、当院では無駄な手術は決してお勧めしません。

 

スタッフにも無駄な『営業トーク』を禁止していますので、私の手術に興味のある方は、お気軽にいらしていただければ幸いです。

 

こちらの方の手術後の腫れについてNOTEにてご紹介しております。

 

 

 

 

山本クリニック TEL:03-5315-4391

 

 

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

メール相談はこちら

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

同じようなネタばかりを書いていますが、当院で同じような手術が増えている結果だと思います。

症例数が多くなると、ご自分に似た方を探しやすくなると思いますので、同じ術式であっても、なるべく多くご紹介したいと思います。

 

いつも書いていますが、私の手術は、あっというような変化は出ませんし、そのようにデザインすることが好きではありません。

 

『自然で微妙な変化』で良いと思われている方にいらしていただけるとお役に立てると思っています。

 

手術の技能的な問題はもちろんありますが、美容の手術には『医者の感性』『医者のセンス』が非常に大事な要素になりますので、“担当医がどのような手術をするのか”を術前に見極める必要があると思います。

 

では、さっそく術前(左)、術後(右)の変化を比べて頂きたいと思います。

 

この角度だとあまり変化が分かりにくいと思います。この方の他の角度から見た変化については、私のコラム『美容外科話』でご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

この角度でも、よく見ると、鼻先の感じが変わっているのが、お分かり頂けるはずなのですが。。。

 

美容外科話No.421『あまり変わった気がしない!!?』鼻尖形成術(団子鼻手術)の変化。

 

手術後の固定についてはNOTEにてご紹介しております。

https://note.com/yamamotoclinic/n/n7bf207a0a846

 

 

次に、この方の手術直後の状態をお見せします。

 

腫れ方としては、『平均的』な感じだと思います。こうした腫れも患者さんにとっては、大きな問題ですので、ご参考になれば幸いです。

 

当院にいらしゃる方に、『私と話してみて、違うなと思ったら、私の手術を受けないで下さい』とよく申し上げるのですが、担当医との感性の違いというのは、大きな問題だと思っているからです。

 

当院は、診察から抜糸まで全て私が担当する『ワンドクター制』を取っています。ネットの写真と違っていても私ですので、よろしくお願いいたします。笑。

 

 

 

 

山本クリニック TEL:03-5315-4391

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

メール相談はこちら

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、『小鼻縮小術後の腫れ』です。手術後に、どの程度腫れるかは非常に大きな問題で、また個人差もありますので、いろいろな方をご紹介することは、非常に意味があると思います。

 

術直後の状態です。

糸も付いているので、痛々しい感じに見えますね。

 

この方の手術症例はこちらを御覧下さい。

 

 

 

 

 

この方は、『腫れが少ない』方でした。術後6日目、抜糸直後の状態をお見せします。

術後の赤みも少なく、お化粧をしてしまえば隠せる程度だと思います。他の方の経過と、私のコラムやブログ等で比較して頂くと、腫れの少ない程度がお分かりになると思います。

 

いつも同じような手術をご紹介していますが、このように同じ医者が手術しても経過には個人差があります。手術を検討されている方は、その担当医の色々な方の術後経過を調べるというのも大事な作業だと思います。

 

こちらの方の1カ月後の状態はNOTEにてご紹介しております。

https://note.com/yamamotoclinic/n/n6beed2a9cefe

 

モニターご希望の方はスタッフにお申し出ください。

 

 

山本クリニック TEL:03-5315-4391

 

山本クリニック【公式】ホームページ

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

メール相談はこちら

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/