山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

美容形成手術に関すること、美容情報、日常のことなどを配信していきます。
2014年2月より、西永福より新宿三丁目へ移転致しました。
ご予約・ご相談は、03-5315-4391もしくはyamamotoclinic.soudan@gmail.comまで。


まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

この方の手術詳細につきましては、私のコラム『美容外科話』、デザインにつきましては、『note』に書きましたので、そちらも併せてご覧頂きたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、小鼻縮小術の術後の傷経過です。どのように縫うのかは非常に大事なので、気を遣います。術直後の状態をお見せします。

写真の中に黄色い線を引きましたが、こんな感じの曲線になるように縫い合わせています。適当に縫うと、この部分が直線的に仕上がってしまいます。

 

術後5日目抜糸時の状態をお見せします。傷がむくんでいるので、術直後よりも目立つ感じですね。

 

この後赤みも引きますが、1か月ぐらいすると、かなり落ち着きます。1か月経過した状態もお見せします。

 

これぐらい経つと、ぱっと見には気にならない程度だと思います。

 

いつも色々なところで書いていますが、術前術後の写真だけ見ると、魔法のように良くなったようにイメージしがちです。術後の傷経過等も考慮した上で、手術をお考えになることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、口唇縮小術の縫い方です。

 

皮膚の縫合の際に傷口を安定させる目的で、『真皮縫合』という技術を使用しますが、唇を縫う際にも、これに似た技術を私は使います。

 

唇は、きれいにくっつくから、まあまあ適当に縫っても大丈夫という先生方もいらっしゃいますが、これは、『均等の厚さで唇を切除した場合』で、唇の部分に合わせて不均等に唇を切除する場合は、唇の内部でいかに丁寧に縫うのかが綺麗に仕上げる為に大事だと思っています。

 

この方の術前術後等につきましては、私のコラム美容外科話『note』でご紹介していますので、そちらをご覧いただくとして、唇の内部で縫合が終了した状態をお見せします。

 

 

傷口がはっきり分かりますが、縫合の段差や引きつれが起こっていません。

 

この後に表面を縫い合わせますが、この表面を縫う際にも丁寧にこだわりながら縫い合わせます。

 

縫合が終了した状態をお見せしますね。

 

腫れているので、傷口の位置が口の外に来ていますが、腫れが落ち着くと、目立たない位置に移動してくれます。

 

こうした経過を想定しながら、手術前のデザインを引く必要があるので、このデザインも私の美容外科話で紹介してあります。

 

手術コラム:美容外科話No.439

 

note

 

 

どんな手術も同じなのですが、『担当医によってこだわりと、こだわる部分に相違』があります

 

あなたの担当医が何にこだわって手術をするのかを調べてみるのも良いことだと思いますよ。

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

鼻尖形成術(団子鼻手術)が終わった直後に患者さんに状態をお見せしているのですが、時々鼻先が赤くなってしまうことがあります。

 

これは、手術の操作によるものなのですが、ご本人に、ビックリされることや形状が分かり難いという反応をされることもあります。

 

ここで、術直後に鼻が赤くなっている方の状態をお見せしますので、ご参考にして頂きたいと思います。

 

 

この状態が、抜糸時には以下の様になります。

 

腫れは、残りますが、鼻先の赤みは、ほとんどなくなっています。

 

どの手術でもそうですが、術後の状態というのは、患者さんからすると見慣れていないので、このような状態をお見せするのも意味があると思います。

 

もし、その後の経過が知りたいと思われましたら、私のコラム『美容外科話』にご紹介をしていますので、そちらをご覧いただければ幸いです。

 

美容外科話No.438 変わったのが分かりますか?鼻尖形成術(団子鼻手術)、当院の場合。

 

宜しければスタッフブログもご覧下さい。

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、『小鼻縮小術』です。

 

小鼻の位置が少し上がるというのは、動画等でもすでにご紹介していますので、横顔で比較して頂きたいと思います。

 

術前と術後3か月の状態です。

 

小鼻の下の部分が若干上がったのがお分かりいただけると思います。

 

この『ちょっとした変化』の為に、結構がっつりと手術していますので、その点をご紹介して行きます。

 

手術中に、片側の手術が終わった状態です。

小鼻のサイズ、鼻の穴の見え方、小鼻の位置が変わっているのがお分かりいただけるかと思います。

 

下から見ると、こんな感じです。

デザインを見ると、案外『がっつり』と切っているのが認識できるはずです。

 

両方の手術が終わると以下の様に変化します。

 

こんな感じで、私は手術しますが、もちろん先生によってやり方が違いますので、担当医に『どんな手術をするのか』をきちんと確認する必要があると思います。

 

ちなみに、この方の手術の詳しい内容や術前、術後変化は、私のコラム『美容外科話』に書きましたので、そちらをご参照下さい。

 

美容外科話 No.437 小鼻縮小術は、どこでも同じやり方??切り方もマニアック!!

 

 

宜しければ、スタッフのブログもご覧下さい。

 

 

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、鼻尖形成術+プロテーゼ隆鼻術を受けられた方の『術後の腫れ方』です。

 

この方は、非常に腫れましたので、これぐらい腫れることもあるのだという事を認識して頂ければ幸いです。

 

術直後の状態をお見せします。テープ固定していますが、手術直後というのは、『案外腫れが少ない』ものです。

 

術後5日目に抜糸でいらしたときの状態をお見せします。皮下出血もひどく、腫れている感じが伝わると思います。

 

これだけ青たん状態で、大丈夫なの??と不安に思われる方も多いと思います。

術後1か月でいらしたときの状態をお見せします。

 

腫れは、かなり収まって、一見しただけでは、分からない範囲になっていると思います。

 

この様に、術後の腫れ方にも個人差があります。一番経過の良い方ばかりをネットで見ていると、ご自分がこのような状況になったときには不安でいっぱいになってしまうと思います。

 

こうした術後の腫れ方も認識したうえで、手術をお考えいただくことをお勧めします。

 

ちなみに、この方の術前後の状態に関しては、私のコラム美容外科話ノートに載せていますので、そちらをご参照いただきたいと思います。

 

いつも同じことを書きますが、担当医や手術内容によっても腫れ方や術後経過は違います。術前にはこうしたことも含めて、よく相談されることをお勧めします。

 

 

美容外科話No.436 鼻の穴を小さくするために鼻を高くする??

note:何の手術をしたのか分かりますか??鼻ですよ。

 

宜しければ、スタッフブログもご覧下さい。