雨が降らなければ・・・・ | 出っ歯くんのひとりごと

出っ歯くんのひとりごと

大阪 テニスレッスン&サークル Dr.tennis-labのブログです。


テーマ:

こんにちは。

 

先日、イタリア国際のナダル対ジョコビッチの準決勝の感想

を書きましたが、

遅くなりましたが今日は、その翌日に行われた

ナダル対ズベレフの決勝についての感想を書きたいと思います。

 

この試合のスコアはなかなか予想できなかったものでは

ないでしょうか。

1stセットを見た感じでは、ナダルが簡単に勝つと

思いませんでしたか?

それだけナダルの1stセットは手がつけられなかった

と思います。

しかし2ndセットは完全にズベレフがペースを握っていましたね。

 

この試合、1stセットはナダルのストロークに対して

ズベレフがポイントの取り方が分からず

対応できなかったことと、

ズベレフがサーブでのフリーポイントが取れなかったところが

1stセット ナダルからの6-1というスコアになった要因だったと

思いました。

 

ズベレフにとって、

サーブはポイントを取るための

絶対的なアドバンテージだと考えていたはずですが、

リターンポジションを下げたナダルには効果が薄く

ラリー戦に持ち込まれて、

焦りと苛立ちで上記のようなスコアになってしまいました。

 

2ndセットになると

ズベレフがネットを取る回数が増え、

それによりナダルがポジションを上げられず

にミスをする、ボレーでやられる、

といった展開になりました。

 

大きく変わったのはズベレフが前を取るようになってから

ナダルのプレーがディフェンシブになってしまったことでは

ないでしょうか。

最近のナダルはコートの中に入って打つことが多くなり

テンポを上げてプレーしている印象がありましたが

この2ndセットに関しては、そういうプレーがあまり見られませんでしたね。

 

ファイナルセットに入ってからも

ズベレフの1ブレイクアップまでは2ndセットの流れで

ズベレフペースで試合が進んでいましたが、

雨で中断後は

ナダルがポジションを上げ、ズベレフに好きに打たせなかったですね。

 

結果、ズベレフはネットを取れず

1stセット同様、ナダルとのラリー戦を強いられていた印象でした。

 

雨での中断がなければ

結果は分からなかったほど試合は拮抗していたのではと感じました。

 

 

ブログランキング参加しています。 クリックお願いします。

 

  

テニスランキングへ

  

にほんブログ村

deppakunさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス